あて首線

読み方:あてくびせん

あて首線

あて首線

あて首線とは、
前日の大陰線の終値よりも
下放れて寄り付いて、
その終値に届かない陽線
形成して引けた
ローソク足の組み合わせのことです。

 

大陰線の後の陽線が
どの程度まで上昇したかによって、
つつみ線
切り込み線
差し込み線
入り首線
に分類されます。

 

あて首線の分析

前日の大陰線の終値より
下放れて始まるということは、
売りの勢いがそのまま
継続したことを表します。

そこから上昇して
陽線で引けているので、
売り圧力が弱まったと言えます。

 

注意点として、
当日の陽線が前日の大陰線の安値に
達していなかったことから
買いに勢いがなく、
再度下降のサインになる可能性
あります。