これから資産形成を始めていく人のバイブル
バイブル!

投資用語解説

投資や、相場に関する専門用語をわかりやすく解説

「幻のSQ」とは?わかりやすく解説

先物取引を行っている方は、「幻のSQ」という言葉を聞いたことがあると思います。 この幻のSQとはなんなのか、そのあとにどのような相場が想定されるのかを解説していきます。   幻のSQとは? 幻のSQとは、日経平 …

「戌笑い(戌笑う)とは?」(相場格言)

「戌笑い(戌笑う)」とは? 「戌笑う(戌笑う)」とは、干支にまつわる相場格言・アノマリーの1つで、相場が活気づき、笑いが止まらないということを比喩しています。   なお、この干支の相場格言の全文は以下の通りです …

海外投資家(外国人投資家)とは?わかりやすく解説!

よく、「海外投資家の買い」「外国人投資家が売り越した」というニュースがでるように、日本市場において投資を行うには、「海外投資家」「外国人投資家」の行動について理解を深めておく必要があります。 ここでは、その「海外投資家」 …

底打ち(底を打つ)とは?【投資用語解説】

底打ちとは、相場が下落しきって、最も安値を付ける状態のことをです。 そのため、下落傾向にあった相場が、上昇に転じたときにも使われることになります。 底打ちのタイミングを見抜き、その銘柄に買いポジションを持つことができれば …

アップサイドリスクとは【投資用語解説】

  アップサイドリスクとは、「どこまで上昇するのか」「利益をどれだけ伸ばせるか」分からないことを指します。 (対義語:ダウンサイドリスク)   一般的に「リスク」とは、危険性や損失に対し「リスク」とい …

上昇

夏枯れ相場とは【投資用語解説】

☝夏枯れ相場の意味 夏枯れ相場(なつかれそうば)とは、 「お盆の閑散相場」とも言われ、 投資の世界において、値動きが小さくなる相場のことを言います。 広く知られているアノマリーであり、毎年のようにこの時期には相場ニュース …

ジャクソンホール会合とは【投資用語解説】

ジャクソンホール会合とは、アメリカ・ワイオミング州のジャクソンホール会合で毎年開催される、経済政策シンポジウムのことです。 カンザスシティ連邦準備銀行が主催し、世界各国から中央銀行総裁や政治家、学者、エコノミストなどが参 …

ポジショントークとは【投資用語解説】

ポジショントーク ポジショントークとは ポジショントークとは、著名投資家が、 自分の保有しているポジションにとって有利な情報や、 見通しを、メディアを通して発言することです。 例えば、ウォーレン・バフェットのような投資家 …

SUNRISE銘柄(日の出銘柄)とは?【投資用語解説】

SUNRISE銘柄(サンライズ銘柄・日の出銘柄)とは?   ▼SUNRISE銘柄(サンライズ銘柄)とは SUNRISE銘柄とは、日の出銘柄とも言われ、 S:ソフトバンク N:任天堂 R:リクルートHD S:ソニ …

天神底とは?【投資用語解説】

天神底とは 天神底の意味 天神底(てんじんぞこ)とは、相場の世界において、7月下旬あたりに株価が底をつけて反発し、上昇し始めるというアノマリーの一つです。   天神底の由来は、同じく7月下旬に開催される「天神祭 …

【ここで完璧】ボリンジャーバンドの「ボージ」の見方・使い方をわかりやすく解説

ボリンジャーバンドの「ボージ」の見方・使い方をわかりやすく解説 ボージとは、ボリンジャーバンドの基本的な分析方法であり、 これを理解し、使いこなすことで、トレンドの把握がさらに確率があげることができます。 ここでは、その …

ボージの図解(ボリンジャーバンド)

暴騰とは【投資用語解説】

暴騰とは 読み方:ぼうとう 暴騰とは 暴騰とは、相場の世界において、 急激に価格や相場が上昇することを言います。 さらに非常に大幅に上昇する際には、「大暴投」という表現が使用される場面もあります。 逆に、相場が急激に下落 …

MANT銘柄とは?【投資用語集】

MANT銘柄とは ▼MANT銘柄とは MANT銘柄とは、アメリカの主力のテクノロジー会社の総称であり、 M:Microsoft(マイクロソフト) A:Apple(アップル) N:Nvidia(エヌビディア) T:Tesl …

暴落とは【投資用語解説】

暴落とは 読み方:ぼうらく 暴落とは 暴落とは、相場の世界において、 急激に価格や相場が下落することを言います。 さらに非常に大幅に下落する際には、「大暴落」という表現が使用される場面もあります。 逆に、相場が急激に上昇 …

テーパー・タントラムとは【投資用語解説】

テーパー・タントラム   テーパー・タントラムとは テーパー・タントラムとは、 量的緩和の縮小による、市場の癇癪(かんしゃく)のことです。 テーパー・タントラムは、 金融政策における量的緩和の縮小を意味する、「 …

下げ幅とは【投資用語集】

下げ幅 読み方:さげはば 対義語:上げ幅 ▼下げ幅の意味 下げ幅とは、投資の世界において、 下落した株価の、その値下がりの幅のことです。   下げ幅の具体例 100円だった株価が、90円になれば、下げ幅は10円 …

上げ幅とは【投資用語集】

上げ幅 読み方:あげはば 対義語:下げ幅     ▼上げ幅の意味 上げ幅とは、投資の世界において、 上昇した株価の、その値上がりの幅のことです。   上げ幅の具体例 100円だった株価が、1 …

値幅とは?【投資用語解説】

値幅 読み方:値幅     値幅とは、投資の世界の中では、 「高値と安値の差のこと」を言います。   「値幅が広がる・大きくなる」といえば、 高値と安値の差がひらくことを意味し、 「値幅が狭 …

割安感とは【投資用語集】

割安感 読み方:わりやすかん 対義語:割高感   割安感とは、 投資の世界において、 市場全体や、同業他社よりも、株価が安いと考えられることを言います。   一般的には、割安感のある銘柄は、 買われて …

FAANG(銘柄)とは【投資用語解説】

FAANG銘柄とは  FAANG銘柄とは、 2015年にアメリカの株式市場で流行となった、 ハイテク銘柄群である「FANG」の銘柄に、 アップルを加えた、5銘柄のことの頭文字をとり、 つないだ造語のことを言います。 ◆F …

OPEC(石油輸出機構)とは【投資用語解説】

OPEC 石油輸出機構 読み方:オペック =:Organizaton of the Petroluem EXporting Countris   OPEC(石油輸出機構)とは、 石油価格の維持や、生産量の調整を …

FANG(銘柄)とは【投資用語集】

FANG(銘柄)とは 読み方:ファング   ▼FANGの意味 FANG(銘柄)とは、 2015年にアメリカ市場で有名になった、 F:フェイスブック (SNS) A:アマゾン (ネット通販) N:ネットフリックス …

ハング・パーラメントとは【投資用語集】

ハング・パーラメント 同義語:宙ぶらりん国会・少数派議会   ハング・パーラメントとは、 「宙ぶらりん国会」とも言われ、 議員内閣制において、 どの政党も、単独過半数の議席数を獲得していない状態のことです。 & …

割高感とは【投資用語集】

割高感 読み方:わりだかかん 対義語:割安感   割高感とは、 投資の世界において、 市場全体や、同業他社よりも、株価が高いと考えられることを言います。 一般的には、割高感となる銘柄は、売られて下落する傾向にあ …

ヒンデンブルグの予兆(ヒンデンブルグ・オーメン)とは【投資用語解説】

ヒンデンブルグの予兆 (ヒンデンブルグ・オーメン)   ヒンデンブルグの予兆とは、 アメリカ株式市場において、 株価暴落の前兆として現れるサインのことです。   テクニカル分析のシグナルであり、 この …

支援材料とは【投資用語集】

支援材料 読み方:しえんざいりょう 支援材料とは、投資の世界において使用される場合、 相場や株式が上昇する要因のことを言います。 例えば、日経平均株価は、輸出企業の割合が多いことから、 円安が支援材料となりやすいです。 …

嫌気とは【投資用語解説】

嫌気とは 読み方:いやき 対義語:好感   嫌気とは、 株価が下落するような材料に対して、 個人投資家や市場全体が、悲観的に考えることを言います。   嫌気に関連した用語として、 「嫌気売り」、「嫌気 …

好感とは【投資用語解説】

好感とは 読み方:こうかん 対義語:嫌気   「好感」とは、 市場が、何かしらの材料について、 投資家から上昇要因として判断、評価されることを言います。 相場の世界では、 こういったことが起きれば、必ず株価が上 …

凪相場とは【投資用語集】

凪相場 読み方:なぎそうば 凪相場とは、 相場があまり変動しない状態のことを言います。 風がおさまって、波が穏やかな状態であることを示す、 「凪」という言葉を由来に、このように使用されます 通常、凪相場となる場合、 出来 …

売り先行とは【投資用語解説】

売り先行 読み方:かいせんこう 対義語:買い先行 類義語:売り優勢 売り先行とは、 株式市場において、寄付きなどの取引開始時点の場合において、 売り勢力が買い勢力を上回ることです。 (⇔買い先行)   該当する …

買い先行とは【投資用語集】

買い先行 読み方:かいせんこう 対義語:売り先行 類義語:買い優勢   買い先行とは、 株式市場において、寄付きなどの取引開始時点の場合において、 買い勢力が売り勢力を上回ることです。 (⇔売り先行) 該当する …

ディフェンシブ銘柄とは【投資用語集】

ディフェンシブ銘柄 同義語:ディフェンシブストック 対義語:景気敏感株   ディフェンシブ銘柄とは、 業績や株価が、景気の動向に左右されにくい銘柄のことです。 比較的、株価大きく上昇することもなければ、 急落す …

景気敏感株(景気循環株)とは【投資用語集】

景気敏感株とは 読み方:けいきびんかんかぶ 同義語:景気循環株・シクリカル銘柄 対義語:ディフェンシブ銘柄   景気敏感株とは、 景気の動向によって、 株価や企業の売り上げが大きく変動しやすい銘柄のことです。 …

ミシガン大学消費者信頼感指数とは【投資用語解説】

ミシガン大学消費者信頼感指数   ミシガン大学消費者信頼感指数とは、 アメリカの消費者の購買意欲、収入、経済状況に対する感覚のアンケート結果を集計した、 代表的な景気関連の経済指標のことです。   ア …

米小売売上高とは【投資用語集】

小売売上高 読み方:こうりうりあげだか   米小売売上高とは、 アメリカの百貨店、スーパーといった、 小売業・サービス業の1月あたりの売上高についての経済指標のことです。 世界一の消費対抗であり、 個人消費がG …

PMI(購買者担当指数)とは【投資用語解説】

PMI 読み方:ぴーえむあい PMI(Purchasing manager’s Index)とは、 購買担当者景気指数とも言われる代表的な経済指標で、 企業購買担当者に、 景気の状態に対する印象を、 依然と比 …

ダウンサイドリスクとは【投資用語解説】

ダウンサイドリスク 同義語=下振れリスク ダウンサイドリスクとは、「下振れリスク」とも言われ、 相場や株価、物価などが、 事前の想定よりも下回る可能性のことを言います。 同様に、「損失をするリスク」のことを意味する場合も …

下振れリスクとは【投資用語集】

下振れリスク(下方リスク) 読み方:したぶれりすく 下振れリスクとは、 株価や景気などが、事前の想定よりも、 下回る可能性があることを言います。   具体的には、国内、国外の景気や情勢の悪化、 国や金融機関の信 …

モメンタムとは【投資用語解説】

モメンタム   モメンタムとは、「勢い・はずみ」を意味する言葉で、 相場の世界で使用される場合、 「相場の勢い」を意味しています。 ※テクニカル分析のモメンタムは別記 モメンタムという言葉は、 株価の方向性など …

キャスティングボードとは【投資用語集】

キャスティングボード キャスティングボードとは、本来は、議会などにおいて、 賛成・反対が同数のとき、議長が持つ決定権、決定票のことを言います。 また、政治などで利用される場合、 議長が決定権を持つ場合は少ないです。 その …

サプライズとは【投資用語解説】

サプライズ サプライズとは、投資の世界において、 相場を大きく動かすような、 驚くべき材料が出てくることをいいます。 具体的には、 「事前に予想されていていなかったことが発生すること」を指しています。 相場の世界では、影 …

フレグジッドとは【投資用語解説】

フレグジッド   フレグジッドとは、 「フランスのEU離脱」を意味しています。 「フランス(France)」と「離脱(exit)」を明け合わせてできた造語で、 「ブレグジッド」も同様の作られ方をしています。 & …

ソフト・ブレグジッドとは【投資用語解説】

ソフト・ブレグジッド 対義語:ハードブレグジッド ソフトブレグジッドとは、 明確な定義こそないものの、 イギリスがブレグジッド(EU離脱)はするものの、 ヒト・モノ・カネの自由な流れというような、 EUに属するメリットを …

ブレグジッドのイメージ

円安とは【投資王用語解説】

円安 読み方:えんやす 対義語:円高   円安とは、日本の通貨である「円」が、 海外の通貨に対して、価値が下がることを言います。 また、円安となった場合、 輸入企業は、同じ海外の商品を輸入するにも、 多くの円が …

円安

外的要因とは【投資用語解説】

外的要因 読み方:がいてきよういん 対義語:内的要因 外的要因とは、 国語辞典によれば、 「外部からそのものに与える要員」のことです。 すなわち、投資の世界においては、 「その銘柄に直接関係しているわけではないものの、 …

円高とは【投資用語解説】

円高 読み方:えんだか 対義語:円安 円高とは、日本の通貨である「円」が、 海外の通貨に対して、価値が上がることを言います。 また、円高となった場合、 輸入企業は、同じ値段で、 海外の製品を安く買えるため、 輸入企業に対 …

円高

エクスパンション【ボリンジャーバンド】

エクスパンション エクスパンションとは、 ボリンジャーバンドにおいて、 バンドの幅が拡大していくことのことをいいます。 言い返ると、バンド幅が狭くなっている、 「スクイーズ」の状態から、 エクスパンションに移行していくこ …

小反発とは【投資用語解説】

小反発 読み方:しょうはんぱつ 対義語:小反落 小反発とは、 下落傾向にあった相場が、 一転して、少しだけ上昇することを言います。 (⇔小反落) 「勢いが小さい反発」という意味を持っていますが、 どこからが小反発なのか、 …

小反落とは【投資用語解説】

小反落 読み方:しょうはんらく 対義語:小反発   小反落とは、 上昇傾向にあった相場が、 一転して、少しだけ下落することを言います。 (⇔急反落)   「勢いが小さな反落」という意味を持っていますが …

二日新甫とは【投資用語解説】

二日新甫 読み方:ふつかしんぽ 2日新甫とは、土日や祝日によって、 「月の最初の取引日が2日から始まること」を言います。   この「二日新甫」となったときや、 「3日新甫」となった月は、 相場が大きく動きやすい …

急反落とは【投資用語集】

急反落 読み方:きゅうはんらく 対義語:急反発   急反落とは、 上昇傾向にあった相場が、 一転して、急激に下落することを言います。 (⇔急反発) 「大きな勢いをもった反落」という意味を持っていますが、 どこか …

急反発とは【投資用語集】

急反発 読み方:きゅうはんぱつ 対義語:急反落   急反発とは、 下落傾向にあった相場が、 一転して、急激に上昇することを言います。 (⇔急反落) 「大きな勢いをもった反発」という意味を持っていますが、 どこか …

反落とは【投資用語解説】

反落 読み方:はんらく 対義語:反発 反転とは、 上昇していた相場が、 一転して下落することを言います。 (⇔反発) この反落の勢いの勢いによって、 大きな反落のときは「急反落」、 小さいときは、 「小反落」と言われる場 …

反発とは【投資用語解説】

反発 読み方:はんぱつ 対義語:反落   反発とは、 下落していた相場が、 反転して上昇することを言います。 (⇔反落) この反発の勢いの勢いによって、 大きな反発のときは「急反発」、 小さいときは、「小反発」 …

じり安とは【投資用語解説】

ジリ安 読み方:じりやす 対義語:ジリ高 じり安とは、 相場が徐々に下落する傾向にある状態 のことを言います。 (⇔じり高)  

じり高とは【投資用語解説】

ジリ高 読み方:じりだか 対義語:ジリ安   じり高とは、 相場が徐々に上昇する傾向にある状態 のことを言います。 (じり安)

スクイーズとは【ボリンジャーバンド】

スクイーズ スクイーズとは、 ボリンジャーバンドにおいて、 バンド幅が小さくなっている状態のことです。   英語で「スクイーズ」とは、 「ぎゅっと絞る」という意味を持っており、 「バンド幅を細く絞った状態」のこ …

スクイーズ(ボリンジャーバンド)

たくり線の見方・分析【図解】

たくり線 「たくり線」とは、 下落トレンドにおいて出現した、 安く寄り付いた、陰のカラカサのことです。 単に同様の条件のカラカサのことを指す場合もありますが、 その場合、「勢力線」と言われます。 井戸にいれた桶を、 「た …

たくり線の図解

ドレッシング買い(=お化粧買い)とは【投資用語解説】

ドレッシング買い 同義語:お化粧買い     味付け買い   ドレッシング買いとは、 ファンドなどが、 運用結果などの評価をよくみせるために、 月末や、決算期末に、 対象となっている銘柄に買い注文を入れることを …

値幅調整(=価格の調整)とは【投資用語解説】

値幅調整とは =価格の調整 読み方:ねはばちょうせい 同義語:スピード調整 値幅調整とは、 価格の調整とも言われ、 相場において、値幅の変動を伴った調整のことを言います。   一定期間上昇(下落)した株価の、 …

日柄調整(=時間の調整)とは【図解】

日柄調整(時間の調整)とは 読み方:ひがらちょうせい 日柄調整(時間の調整)の意味 日柄調整とは、 時間の調整とも言われ、 株価が時間的な調整局面にあることを言います。   多くの場合、 一定期間、株価が上昇( …

日柄調整(時間の調整)

予算教書とは【投資用語解説】

予算教書(アメリカ)   予算教書とは、 アメリカ大統領が議会に対して提出する、 次の年の予算案の編成方針を記した文章のことです。 アメリカの大統領は、 予算関係も含め、 法案を通す権利を持っていません。 その …

調整とは【投資用語解説】

調整とは 読み方:ちょうせい 調整とは、 一定以上の期間上昇(下落)してきた株価が、 横ばい、又は下落(上昇)と推移する状況のことを 言います。   株価は原則、 一方方向に動き続けるということはありません。 …

トレーディング・レンジ【投資用語解説】

トレーディング・レンジ   トレーディング・レンジとは、 ある一定の期間の間、一定版の価格の範囲内で、 相場が上下を繰り返している状態のことです。   また、言い返れば、 「買い手と売り手が拮抗している」から、 …

カウンターTOBとは【投資用語解説】

カウンターTOB   カウンターTOBとは、 敵対的買収、TOBを受けた企業に対し、 ホワイトナイトなどの他の企業が、 さらに高い価格で その企業のTOBを仕掛けることを言います。   なお、これを受 …

調整局面とは【投資用語解説】

調整局面とは 読み方:ちょうせいきょくめん   調整局面とは、 株価や銘柄が「調整」の状態であることを 意味しています。   詳しくは、『調整』のページをご覧ください。  

ボラティリティとは【投資用語解説】

ボラティリティ   ボラティリティとは、 相場の価格の変動の大きさ(変動率)のことです。   ボラティリティが大きければ大きいほど、 その銘柄の価格の変動幅が大きく、 低ければ低いほど、 変動幅が小さ …

ホワイトナイト【投資用語解説】

ホワイトナイト 同義語:白馬の騎士 対義語:ブラックナイト   ホワイトナイトとは、 TOBなど敵対的買収を仕掛けられた企業に対して、 友好的な関係を持つ企業のこと、 他の有効的な関係を気付くことができる企業に …

M&A

TR(トゥルー・レンジ)【投資用語解説】

TR (トゥルーレンジ)     TR(トゥルーレンジ)とは、 値動きの大きさをはかるものです。 日本語訳すると、「真の値幅」となります。 値動きの大きさを計るときに用いられ、 ATRは、このTRのE …

TRの図解

TOB(株式公開買付け)とは【投資用語解説】

TOB   日本語役:株式公開買い付け 英語表記: Take Over Bid   TOBとは、 企業を買収するために、 条件を公開して不特定多数の株主から、 市場を介さずに その株式の株式を買い付け …

クラウンジュエルとは【投資用語集】

クラウンジュエル 同義語=王冠の宝石   クラウンジュエルとは、 買収を仕掛けられた企業が、 その買収の理由や魅力となっている事業や資産、子会社などのこと を言います。 他社に譲り渡したり、分社化することによっ …

スローストキャスティクス【投資用語解説】

スローストキャスティクス スローストキャスティクスとは、 過去の一定期間における高値と安値の値動きの中で、 現在の株価がどこに位置するかを表す分析方法です。   スローストキャスティクスと指定があった場合、 % …

スローストキャスティクス

ファストストキャスティクス【投資用語解説】

ファストストキャスティクス 同義語:オリジナルストキャスティクス ファストストキャスティクスとは、 過去の一定期間における高値と安値の値動きの中で、 現在の株価がどこに位置するかを表す分析方法です。   ファス …

ファーストストキャスティクス

織り込み済みとは【投資用語解説】

織り込み済み 読み方:おりこみずみ   「織り込み済み」とは、 株価を動かす要因となるニュースなどの材料が、 まだ100%確定ではないものの、 既に株価に反映されている状態のことを言います。   正式 …

節目とは【投資用語解説】

節目 読み方:ふしめ   節目とは、投資の世界において、 多くの投資家が 相場の転換のポイントとして意識しやすい価格のことです。   支持抵抗線としての機能も果たし、 「この節目の価格を突破するのか、 …

ストップ狩り(ストップハンティング)とは【投資用語解説】

ストップ狩り 先物やFXのデイトレーダーを中心に、投資家が必ず触れることになる、 「ストップ狩り」について解説や、対策などを紹介していきます。   ▽ストップ狩りとは ストップ狩りとは、ストップハンティングとも …

失望売りとは【投資用語解説】

失望売り 読み方:しつぼううり 対義語:期待買い     失望売りとは、 何かしらの材料によって、 価格が上昇するだろうと考えられ、 買われていた銘柄が、 上昇するとは思えないと判断され、 売られるこ …

スタッガードボードとは【投資用語集】

スタッガードボード 同義語:捻じれた役員会   スタッガードボードとは、 敵対的買収に対する対応策の一つで、 取締役の選任の時期をあえてにずらすことです。 1回の改選で全ての取締役が 交代することがないようにす …

ティン・パラシュート【投資用語解説】

ティンパラシュート 同義語:銀の落下傘   ティンパラシュートとは、 敵対的買収への予防の1つで、 買収された企業の従業員が解雇された場合に、 高額な退職金や、保険、 就職の斡旋を設定しておく方法です。 &nb …

ゴールデンパラシュートとは【投資用語解説】

ゴールデンパラシュート 同義語:金の落下傘   ゴールデンパラシュートとは、 敵対的買収への予防の1つで、 買収された企業の役員や経営者に、 高額な退職金を設定しておく方法です。   たいていの場合、 …

%D(ーD%)の見方【ストキャスティクス】

%D %D(=-D%)とは、 ストキャスティクスに 表示されるチャートの一つで、 「%K」の移動平均と 考えることができます。   なお、%Dは、 ファースト・ストキャスティクス、 スロー・ストキャスティクスの …

敵対的買収とは【投資用語集】

敵対的買収 読み方:てきたいてきばいしゅう 対義語:友好的買収   敵対的買収とは、 買収を仕掛ける側が、 買収をしようとする 会社の経営陣の承諾を得ることなく、 買収を仕掛けることを言います。   …

パックマンディフェンスとは【投資用語集】

パックマンディフェンス パックマンディフェンスとは、 買収を仕掛けられた企業が、 逆に仕掛けた企業に対して買収をしかけるという、 敵対的買収の防衛策の1つです。 「買収をしかけられた企業が、 買収を仕掛けた企業の、 4分 …

%K(ーK%)の見方【ストキャスティクス】

%K(ーK) %Kは、ストキャスティクスに 表示されるチャートであり、 『過去の設定期間の中で、 現在の株価がどれくらい高いのか、安いのか』 を示しています。   「ファスト・ストキャスティクス」 で表記されま …

ファースト・ストキャスティクス

ブラックアウト・ルールとは?【投資用語解説】

ブラックアウト・ルール   ブラックアウト・ルールとは、 金融政策決定会合のメンバーが、 その会合の前後の時期に、 金融政策や、経済情勢に関係した 発言することを禁止しているルール のことを言います。 &nbs …

ミセス・ワタナベとは【投資用語解説】

ミセス・ワタナベ 同義語=キモノ・トレーダー   ミセス・ワタナベとは、 日本の個人投資家のことを指します。 特にFXなどで使用され、 サラリーマンや主婦層などの、 アマチュアの不特定多数の 投資家層のことを意 …

SMA(単純移動平均線)の解説【投資用語解説】

SMA (単純移動平均線) 読み方:たんじゅんいどうへいきんせん 略語:Simple Moving Average 単純移動平均線とは、 『SMA』とも言われ、 トレンド系テクニカル指標に分類される、 過去の指定した期間 …

WMA(加重移動平均線)の解説【テクニカル分析】

WMA (加重移動平均線) 読み方:加重移動平均 =Weighted Moving Average   加重移動平均線とは、『WMA』とも言われ、SMA(単純移動平均線)と比べ、直近の価格になるにつれて、比重が …

EMA(指数平滑移動平均線)【テクニカル分析】

指数平滑移動平均 同義語:指数移動平均 指数加重平均 読み方: =EMA =Exponential Moving Average     指数平滑移動平均線は、『EMA』とも言われ、単純移動平均線(S …

移動平均線のポイント・概要まとめ!

移動平均線 読み方:いどうへいきんせん =MA(Moving Average) 移動平均線とは、 一定期間の終値に関した計算式を用いて、 平均を算出し、 チャートに記載するテクニカルチャートです。   ローソク …

「模様眺め」とは?【投資用語解説】

模様眺め 読み方:もようながめ ≒様子見 模様眺めとは、 相場の世界において、 株価に関しての状況がはっきりするまで、 多くの投資家が売買を行っていない状態のこと を言います。   このため、模様眺めとなってい …

「トライフェクタ」とは?【投資用語解説】

トライフェクタ   トライフェクタとは、 「3冠」とも言われ、 NYダウ、S&P500、ナスダックという、 アメリカの主要の3つの株価指数が、 そろって最高値を付けることを言います。  

「均衡表の逆転」の解説【一目均衡表】

均衡表の逆転 読み方:きんこうひょうのぎゃくてん 対義語:均衡表の好転 均衡表の逆転とは、 「転換線が、基準線を、 上から下に突き抜けること」をいい、 一目均衡表の中でも、 中心となる分析法の一つです。   一 …

逆転の図解

「半値戻し」とは【投資用語集】

半値戻し 読み方:はんねもどし 対義語:半値押し 半値戻し(はんねもどし)とは、 下落していた株価が上昇を始め、 その上昇幅が、下落幅分の半分になることをいいます。 例えば、株価が300円下落したとすれば、 その後150 …

半値戻しの図解

「半値押し」とは【投資用語解説】

半値押し 読み方:はんねおし 対義語:半値戻し 半値押し(はんねおし)とは、 上昇していた株価が、下落を始めますが、 その下落幅が、上昇幅分の半分になることをいいます。 例えば、株価が300円上昇したとすれば、 その後1 …

半値押しの図解

半値とは【投資用語解説】

半値 よみかた:はんね   半値とは、投資の世界において、 これまでの値幅の半分のことを 意味しています。 よく上昇幅や下落幅に対しての 株価の動きに対して使用されます。     半値と関連 …

【図解】遅行スパン(遅行線)の使い方・分析法をわかりやすく解説【一目均衡表】

 「遅行スパン(遅行線)の使い方や見方がいまいちわからない」という方はいらっしゃいませんか?遅行スパン(遅行線)は、一目均衡表に表示される線の1つであり、 一目均衡表の作成者は、「遅行線は絶対にないがしろにできない」とい …

均衡表の「好転」解説【一目均衡表】

均衡表の好転 読み方:きんこうひょうのこうてん 均衡表の好転とは、 転換線が、基準線を下から上に突き抜けることを いい、一目均衡表の中でも、中心となる分析法の一つです。 逆に、転換線が基準線を上から下に突き抜けることを、 …

好転の図解

基準線の見方・計算・分析法【一目均衡表詳細】

基準線 よみかた:きじゅんせん 基準線とは、 一目均衡表において表示されるチャートです。 相場のトレンドや方向性を意味しており、 高値と安値を使用して算出されます。 転換線に比べ、 中期的な動きを表示されやすいです。 & …

転換線・基準線(一目均衡表

史上最高値とは【投資用語解説】

史上最高値 読み方:しじょうさいこうね 対義語:史上最安値   史上最高値とは、 投資の世界において、 統計上もっとも高い株価のことを指します。   例えば、「史上最高値を更新」とあれば、 その銘柄に …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © Initial Members Club All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.