抱きの一本立ちとは

読み方:だきのいっぽんだち

抱きの一本立ち

抱きの一本立ち

 

「抱きの一本立ち」とは、
何本かの小陰線の値幅を、
一本の大きな大陽線がの値幅がつつみこむ
ローソク足の組み合わせ
ことを言います。

 


つつみ線(抱き線)の変形版とも
考えることができ、

「数本の小陰線の安値<大陽線始値
「数本の小陰線の高値<大陽線終値
となることが条件になります。

 

 

 

抱きの一本立ちの
分析法

「抱きの一本立ち」が、
特に下落トレンドの終盤や、
安値圏に現れた場合、

底打ちのサインと言われ、
その後株価が上昇する可能性が高い
と言われています。 

 

さらに、抱きの一本立ちのポイントとして、
陰線の数に決まりはないものの、
多ければ多いほど、
その後の反発の
エネルギーが大きくなる
と言われます。