デフレは、
デフレ―ションの略で、
物価が下がり、
お金の価値が上がっている状態のことです。
(⇔インフレーション

デフレ

デフレ

例えば、
今まで1000円で食べることがラーメンが、
500円に値下げした場合、
ラーメンの量や質が変わっていなければ、
必要なお金が半分になっていることから、
同じ物に対して、
支払う金額があがっていることになり、
物の価値が下がり、
お金の価値が上がっていることになります。

 

そのため、
支払う金額が同じでも、
内容量や質が増えていることから、
事実上のデフレとなっている場合
存在します。

 

デフレは、お金の価値が上がり、
ものが安く変えることから、
消費が活発的になりやすいことになります。

 

消費が進めば、企業に利益が出てきて、
企業に利益が出れば、給料が上がり、
消費がさらに進みやすくなり、
インフレと同じく、
お金が回り経済が発展しやすくなります。

 

しかし、インフレと比べ、
進行のスピードが非常に早く、
デフレが長く続くなどして、
悪循環が連鎖した場合、

「デフレ・スパイラル」に陥ってしまいます

 

そういった状況にならないために、
中央銀行は、「金融緩和」を行うことで、
投資や消費を活性化させようとします。