「ECB」は欧州中央銀行のことで、ユーロ圏の中央銀行です。為替市場を中心に、ECBの動向が相場に大きく影響を与えます。この「ECB」とはどのような組織なのか、しっかりと理解しておきましょう。

 

ECBとは?わかりやすく解説

ECB

ECB

ECB(European Central Bank)とは欧州中央銀行のことで、「ユーロ」を導入しているヨーロッパ19か国の中央銀行のことです。「ECB理事会」で決定される金融政策を用いて、ユーロ圏の物価の安定、景気の調整を目的としています。ECBの政策や見通しはユーロ相場やヨーロッパだけでなく、世界各国に影響を与える可能性があるため、多くの投資家から注目を集めています。

 

☝ECBの目的

上記のようにECBは「ユーロ圏の物価の安定」を目的としています。この物価安定という前提を妨げない範囲に限り、「雇用の創出」や「経済成長」を行っています。この目的を達成するために行う金融政策は、6週間に一度行われる「ECB理事会」によって決定されます。政策発表の後にはECB総裁の会見が控えていることも多いため、ユーロを中心に相場に大きな影響を与えます。

 

☝原則国や政府とは関係しない

ECBは「高い独立性」を持っており、各国政府と明確なつながりがあるわけではありません。ユーロを使用している各国の政府や要人、EU関係者などに直接影響を受けずに、独立したECB政策理事会の参加者によって、ユーロ圏の金融政策が決定されます。

なお、ECBは組織図などをドイツ連邦銀行をモデルにしていることもあり、金融政策の方針として、FRBと比べて、インフレを抑制する傾向が強いといわれています。

 

 

☝ECBの基礎情報

ECBの基本情報は以下の通りです。

  • 設立:1998年6月
  • 本部:フランクフルト(ドイツ)
  • 通貨:ユーロ

 

 

☝ECB歴代総裁

ECBの総裁を務めたのは以下の通りです。

  • 初代総裁:ウィル・ドイセンベルク(オランダ)
  • 2代総裁:ジャン=クロード・トリシェ(フランス)
  • 3代総裁:マリオ・ドラギ(イタリア)

なお、ドラギ総裁の任期は、2019年11月1日までです。

 

☝ユーロ使用圏

以下の国や地域で共通通貨ユーロが使用されています。

  • アイルランド
  • イタリア
  • エストニア
  • オーストリア
  • オランダ
  • キプロス
  • ギリシャ
  • スペイン
  • スロバキア
  • スロベニア
  • ドイツ
  • フィンランド
  • フランス
  • ベルギー
  • ポルトガル
  • マルタ
  • ラトビア
  • リトアニア
  • ルクセンブルク

 

 

☝ユーロ各国にもそれぞれ中央銀行は存在する

ECBはユーロ圏の中央銀行に当たり金融政策を行いますが、ユーロ加盟国それぞれにも中央銀行がは存在します。ユーロ加盟国の中央銀行総裁は、ECBの金融政策を決定する理事会に参加します。