円高

読み方:えんだか
対義語:円安

円高

円高

円高とは、日本の通貨である「円」が、
海外の通貨に対して、価値が上がることを言います。

また、円高となった場合、
輸入企業は、同じ値段で、
海外の製品を安く買えるため、
輸入企業に対してメリットがありますが、

逆に輸出企業には、
自分たちの製品を売りづらくなるため、デメリットとなります。

日経平均株価は、
「輸出企業に大きく影響を受けやすい」ため、
円高の進行とともに、
日経平均が下落することがあります。

 

 

円高についてわかりやすく

海外旅行にいくためには、その国で使用されている「通貨」に、
日本の通貨である「円」を交換する必要があります。

そこで、通貨の交換レートである「為替レート」が、
1ドル=100円だったとします。

このままであれば、1万円をドルに換える場合、
「10,000円÷100」=100ドルに交換されます。

これが、1ドル=90円になったとすると、
「10000円÷90」=111,11…となります。

同じ金額の日本円で、
より多くの他国の通貨と交換することができるため、
「日本円の価値が、高まっている」と考えます。

 

基本的に、
1ドル=○○円の、○○が下落していれば円高、
上昇いていれば円安と考えましょう。