ギャンの価値ある
28のルール

『ギャンの価値ある28のルール』とは、
W.D.ギャンという、
「1914年の第一次大戦を予言」
「1929年の世界大恐慌を予言」
「生涯8割の利益率」するなど、
相場数々のエピソードを残している、
1900年代を代表するトレーダーが提唱した、
投資をするうえでのルールです。

 

具体的なものというよりも、
投資をするうえでの心構え、
格言のようなものです。

 

投資に関する理論は数多くありますが、
ここでは、その中でも、
『ギャンの価値ある28のルール』を
見ていきましょう。

 

 


【ギャンの28のルール】

以下の28個が、
「ギャンの価値ある28のルール」になります。

※表現を少しわかりやすく変更しています。

 

 

  1. 1回の売買における、最大の損失は、総資産の10分の1以下にする
  2. 毎回ストップロス・ストップオーダーは、ポジションを持つと同時に行う
  3. 過剰にポジションをもつなど、売買を行わず、資産配分を守る
  4. トレーリングし、ストップロスを変更して利益を増やす
  5. トレンドに逆らわない
  6. 迷ったらトレードしない、手仕舞う。
  7. 活発に取引されており、値動きが大きい市場で売買を行う。もみ合い時に取引しない
  8. リスクを分散させ、資金の集中を避ける
  9. 指値注文を行わない。成行のみを行う
  10. 充分な理由がないのに手仕舞いをしない
  11. トレードで得た利益は、別に分けて管理・保有する
  12. スキャルピングを行わない
  13. ナンピンをしない
  14. 我慢できずに手仕舞いしたり、待ち切れずにポジションを持たない
  15. 小さな利益と大きな損失を避けよ。
  16. ストップロス注文は決してキャンセルしない。
  17. 頻繁に売買を行わない
  18. 買いだけでなく、売りも活用する
  19. 高すぎる・安すぎるなどの値頃感で取引しない
  20. ピラミッティングを有効に使う。
  21. トレンドが明確な場合のみピラミッティングを行う
  22. ヘッジの両建ては行わない
  23. 充分な理由が無ければ、ポジションを決済しない
  24. 利益を得た後は、取引量を減らす
  25. 相場の天井や底を推測しない
  26. 他人の意見には従う必要はない。自分で研究せよ。
  27. 損失が出た後は取引量を減らせ
  28. 間違ったポジションメイク、間違った決済をしない

 

 

 

 


【知識あってのルール】

また、ギャンは、
「大きな利益となる扉は、知識というカギでしか開かない」といっています。
楽して誰でも簡単に利益を上げることなどできないのです。

 

もちろん、紹介したルールの中には、
「それは違う」というものもあるとは思います。

 

そこに関しては、どちらがあっている、
間違っているというわけでは無いですが、
どちらが正しいというものでもありません。

 

ただ、どちらが絶対に正解というわけでもありません。
「しっかりとこの理論が言っているメリットも理解」したうえで、
日々の取引にいかしていただければ幸いです。