ゴールデンパラシュート

同義語:金の落下傘

 

ゴールデンパラシュートとは、
敵対的買収への予防の1つで、
買収された企業の役員や経営者に、
高額な退職金を設定しておく方法です。

 

たいていの場合、
敵対的買収が成功した場合、
買収された側の企業の経営陣は、
解任されることが多いです。
その際に、企業を買収したとしても、
せっかく買収した企業から、
大きな金額をが退職金として支払うことになるため、
事実上の買収にかかるコストを上げ、
買収する企業の価値が下がることから、
買収の意欲を引き下げることを狙っています。
「経営者は、企業が買収されても脱出できる」と
いうことから、パラシュートという言い方をしています。

 

似たような仕組みとして、
従業員を対象にするものを、
ティン・パラシュート」と言います。