半値押し

読み方:はんねおし
対義語:半値戻し

半値押しの図解

半値押しの図解

半値押し(はんねおし)とは、
上昇していた株価が、下落を始めますが、
その下落幅が、上昇幅分の半分になることをいいます。


例えば、株価が300円上昇したとすれば、

その後150円下落するような状態を指します。

 

 

半値押しの分析

株価が価格が上昇したときは、
調整や反動で下落する場合が多いですが、
その下落を、半値程度で終えることができれば、
再度上昇に転じる可能性が高いと言われています。

逆にその上昇後の下落が、
半値を超えて下落してしまえば、
さらにもう一段の下落が考えられると言われています。

またこの考えは、半値だけでなく、
3分の1、3分の2などでもよく言われます。