一目均衡表の
好転・逆転

転換線・基準線(一目均衡表

転換線・基準線(一目均衡表)

一目均衡表における、
『転換線』と『基準線』の
分析法を見ていきます。

のインパクトが強い一目均衡表ですが、
この転換線と基準線が、
雲を含む多くのベースになっており、

非常に深い意味が含まれています。

 


転換線・基準線とは?

転換線と基準線の具体例

転換線と基準線の具体例

◆転換線

転換線は、
(過去9日間の最も高い値段+過去9日間の最も安い値段)÷ 2」

によって計算されます。

言い返れば、
「9日間の値動きの中心値」
出していることになります。

◆もっと詳しく

➔転換線について詳しく学ぶ

 

◆基準線

基準線は、
「(過去26日間の最も高い値段+過去26日間の最も安い値段)÷ 2」
によって計算されます。

これも言い返れば、
「26日間の値動きの中心値」を出していることになります。

 

つまり、双方共に、その期間内の高値と安値から算出されており、
基準線よりも、
転換線のほうが範囲が狭いため、

転換線が短期的、
基準線が中長期的と言われることがよくあります。

 

◆もっと詳しく

➔基準線について詳しく学ぶ

 


転換線・基準線の分析法

 

一目均衡表の、基準線、転換線を
使用した株価の分析法は、
単純移動平均線に似た使い方をします。 

 

 

【転換線・基準線の傾きで判断する】

転換線・基準線の分析

転換線・基準線の傾き

一目均衡表では、
「転換線や基準線が真横に引かれる」ことがよくあります。

移動平均線と違い、始値や終値が変化しようと、
その期間における高値と安値が変わらない限り、
転換線と基準線は変化しないのです。

 

一目均衡表において、
「転換線や基準線が右上の方向を向いている」ということは、
9日間や26日間における、
「高値が切り上げっている」か、

「安値が切りあがっている」しかありません。

 

逆に転換線や基準線が下を向いていれば、
高値か安値が切り下がっていること
を意味します。

転換線、基準線が動く場合、
「新高値更新」「新安値更新」を表している場面もあるのです。

 

また、転換線が横ばいの場合は、
高値も安値も変化がないことを示し、
これは、もみ合い相場であることを意味しています。

そして、もみ合い相場の時の転換線や基準線は、
そのもみ合いのレンジの中心を意味しています。

 

このことから、
よく転換線、基準線の方向によって、
以下のような分析がされます。

 

  • 転換線・基準線が上向き
    =上昇トレンド
  • 転換線・基準線が横ばい
    もみ合い相場
  • 転換線・基準線が下向き
    =下降トレンド

 

 

 

 

 

【転換線・基準線と株価の位置関係】

転換線基準線の支持抵抗線の機能

転換線基準線の支持抵抗線の機能

 

転換線と株価の位置関係をみることで、
以下のような分析をすることができます。

 

転換線・基準線ともに、
支持抵抗線』の機能を果たすと
考えることができます。

 

株価が上にあれば、
転換線や基準線は支持線の機能を持ちます。
逆に株価がしたにあれば、
抵抗線の機能を果たすと考えることができます。

 

  • 株価が転換線・基準線より上にある場合
    =その期間に関しては買い勢力が優勢
  • 株価が転換線・基準線より下にある場合
    =その期間に関しては売り勢力が優勢
  • 株価が転換線・基準線上にある
    =その期間では買い勢力と売り勢力が拮抗

 

 

 

 

【均衡表の好転・逆転(転換線・基準線のクロス)】

移動平均線でのゴールデンクロス、
デッドクロスのように、
一目均衡表でも、
転換線と基準線がクロスする部分は市場に注目され、
均衡表の好転・逆転と言います。

 

◎均衡表の好転

均衡表の好転の図解

均衡表の好転の図解

好転とは、
転換線が基準線を下から上に突き抜けることを言います。

転換線が上に抜けるということは、
短期的に上昇トレンドと考えることができます。

さらに、転換線よりも中長期的なものを示す基準線を
上抜けることがから、
一般的に「好転」が起きたときは、
「買いサイン」と言われます。

また、この転換線が基準線の上にあるという、
➀『均衡表の好転』、、
②ローソク足がの上にある
③ローソク足が遅行スパンの下にある
という、3つの条件が揃う状態のことを、
『三役好転』と言い、強い上昇トレンドと言われます。

 

◆もっと詳しく

➔均衡表の「好転」の詳細

 

 

◎均衡表の逆転

逆転の図解

逆転の図解

逆転とは、
転換線が基準線を上から下に突き抜けることを言います。

好転と逆の理論ということになり、
一般的に逆転となった場合、
『売りサイン』と考えることができます。

 

また、この転換線が基準線の下にあるという、
➀均衡表の逆転
②ローソク足が雲の下にある
②ローソク足が遅行スパンの上にある

という3つの条件がそろうことを、
『三役逆転』と言い、
弱いトレンドの証明と言われます。

 

◆もっと詳しく

「均衡表の逆転」について詳しく解説


転換線と基準線は
一目均衡表の基礎

転換線と基準線は、
一定期間内の、高値と安値の中心を示し、
様々な分析方法があります。

右上に傾いているということは、
「高値か安値を切り上げている」ことを意味してます。

ほかにも、
」の片方である、
先行スパン1も、
転換線や基準線から導き出されます。

 

非常に奥が深い一目均衡表でも、
まずしっかりと基準線・転換線の原理を理解していきましょう。