インフレーション

インフレーション

インフレーション

インフレとは、
インフレーションの略であり、
物価が上昇して、
お金の価値が下がっている状態のことです。
(⇔デフレーション

 

例えば、
今まで500円で食べることがラーメンが、
1000円に値上げした場合、
ラーメンの量や質が変わっていなければ、
2倍のお金が必要になっていることから、
同じものに対して、
支払う金額が上がっていることになり、
物の価値が上がり、
お金の価値が下がっていることとなります。

 

そのため、
内容量や質が減少するなどにより、

支払う金額が変わっていなくても、
事実上のインフレとなっている場合も
存在します。

 

 

インフレが起こると?

 

インフレが起こると、
物価が高いため企業に利益が出やすく、
給料も上がりやすくなり、
消費活動も積極的になりやすい
ため、
お金が回りやすくなります。

そのため、
経済が発展しやすいというメリットが
あります。

 

しかし、お金の価値が下落するため、
自分の資産のほとんどを、
円で貯蓄している人や、
資産を崩して生活している人は、
「インフレリスク」により、
損失を被る可能性を占めています。

 

逆に、現在借金を抱えている人は、
その価値が下がるだけでなく、
給料も上がる可能性も高いため、
実質的に得をする可能性もあります。

 

 

インフレの種類

 

同じインフレにおいても、
「ディマンド・プル・インフレ」
「コスト・プット・インフレ」
の2種類があります。

 

 

しかし、一見
インフレになるほうがよいように考えられますが、

行き過ぎてしまうと、
お金の価値が非常に下がることになり、

ハイパーインフレとなってしまうと、
経済的に危険な状態に陥ってしまいます。

 

そういった状況を予防するために、
中央銀行は、適切なタイミングで、
金融引き締め」を行うことで、
インフレの抑制します。