陰のたすき線

読み方:いんのたすきせん

陰のたすき線の図解

陰のたすき線の図解

陰のたすき線とは、
前日の陽線の終値よりも
低く寄り付き
そのまま陽線の始値(安値)
よりも高く引けた陰線という
ローソク足の組み合わせ
のことです。

 

二つのローソク足を合成すると、
陽のトンカチとなるたすき線であり、
逆の組み合わせを
陽のたすき線と言います。

陰のたすき線の分析

前日の陽線の始値よりも
低く寄り付いているということは
寄付きから売り圧力が高まっていることを
意味します。

前日の陽線の安値を下回って引けた
ということは

下降への転換見る事が出来ます。

 

また、
上昇局面において
一時的なリバウンドとして
見られることがあり、
再度上昇していくと
より強い上昇トレンド
見る事が出来ます。