陰の包み線とは?

読み方:いんのつつみせん
同義語:陰の抱き線
類義語:陽のつつみ線
    陰のはらみ線

陰のつつみ線

陰のつつみ線

陰の包み線(=陰の抱き線)とは、
前日のローソク足の本体を、
当日のローソク足が
完全に包み込む大陰線という

ローソク足の組み合わせの
ことです。
(⇔陽のつつみ線

 

言い返れば、
陽線→陰線となるつつみ線
意味しています。 

 

2つのローソク足を合成させると、
陰のトンカチとなります。

 


陰の包み線の分析 

1つ前のローソク足陽線)を全て含む
大陰線が出るということは、
売り勢力が、それまでの買い勢力を
大きく上回ったことを示しているため、
その後相場は下落する可能性が高い
いう見方をすることができます。

 

ここでは、
陰線が大きいほど、
相場への失望感が大きい言われています。

 

 

 

 

【陰のつつみ線が高値圏で出現】

陰のつつみ線が、
高値圏で出現した場合、

相場転換のサインとして強く意識されるため、
その後株価が下落する確率が高いと
分析することができます。

 

 

 

 

【陰のつつみ線が安値圏で出現】

陰のつつみ線そのものは、
下落サインの1つと言われます。
しかし、安値圏で出現した場合、

最後の抱き陰線」となる
可能性に注意が必要です。