年末最後の取引である「大納会」の日経平均先物の動きをまとめてあります(^^)
取引などの参考にしていだければ幸いです。

 

日経先物ラージの大納会の値動き

アノマリー検証

アノマリー検証

過去の日経225先物ラージの大納会(年度の最後の取引日)の始値から終値の値動きのデータです。
なお、夜間取引は考慮しておらず、日中相場のみの値動きになります。

年数 日経平均先物の値動き
1990年 -510
1991年 +300
1992年 -240
1993年 +40
1994年 -30
1995年 -100
1996年 -40
1997年 +240
1998年 -110
1999年 +80
2000年 -240
2001年 ±0
2002年 -20
2003年 +70
2004年 -10
2005年 -370
2006年 ±0
2007年 -180
2008年 +120
2009年 -170
2010年 -90
2011年 ±0
2012年 ±0
2013年 +40
2014年 -360
2015年 -70
2016年 +90
2017年 -60

 

 

大納会の値動きの考察

考察

考察

上記の大納会の値動きのような部分から、以下のようなことがわかります。
総じて、「日経平均先物のは大納会において、下落となることが多い」ようです。

 

  • 1990年から2017年までの大納会の値動きを合計すると-1560円
  • 直近5年ではー360円、10年ではー500円と、直近でも大納会に下落となる傾向は現れています。
  • 1990年から2017年までの大納会において、日経先物が下落する確率は71.4%
  • 直近5年でも60%、直近10年では70%の確率で下落している

 


※細心の注意を払い作成しておりますが、内容の正確性、及び安全性を保障するものではありません。
※本サービスは、投資知識の学習の為の参考となる情報の提供を目的としたもので、
特定の銘柄について、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。
※本サービスが利用者の自己責任のもと利用されるものであることに鑑み、発生したいかなる損害においても、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。