かぶせ線

読み方:かぶせせん
対義語:切り込み線

かぶせ線

かぶせ線

かぶせ線とは、
前日の大陽線よりも
高く寄り付いたが、
前日の大陽線の実体内で
陰線を形成する
ローソク足の組み合わせ
のことを言います。

特に、
前日の大陽線の中心より
下まで陰線がかぶさっている場合
相場転換となることが多いと
言われています。

対義語として
切り込み線があります。

【かぶせ線の分析】

かぶせ線は、前日の陽線よりも
高く寄り付いているが、
陰線で引けているということは、
買い勢力が続かず、
高値と判断されて
売りが入っている状態と考えることができます。

 

前日の大陽線の中心より
下で引けている場合
組み合わせると
長い上ヒゲを形成するので
より強い反転を表します。

 

また、かぶせ線が出現した後、
その高値を上抜けると
一転して買シグナルになる
かぶせの上抜けというものが
あります。