基準線

よみかた:きじゅんせん

転換線・基準線(一目均衡表

転換線・基準線(一目均衡表

基準線とは、
一目均衡表において表示されるチャートです。

相場のトレンドや方向性を意味しており、
高値と安値を使用して算出されます。

転換線に比べ、
中期的な動きを表示されやすいです。

 

なお、一目均衡表のなかで、
基礎となる線であり、
多くの分析法が存在します。

基準線の計算式

転換線と基準線の具体例

転換線と基準線の具体例

基準線は、
『(当日を含む過去26本分の最高値+当日を含む過去26本間の最安値)÷2』
にて計算されます。

 

なお、転換線は、この「26」という数値を「9」に、
先行スパン2は、「52」に変更し、計算されたものです。

 

基準線の分析

基準線の計算式から、
基準線が右上を向くには、
26本の中の最高値か最安値、
または双方が切りあがっていることを意味しています。

逆に、基準線が右下の方向を向いていれば、
26本の中の最高値か最安値、
または両方が切り下がっていることを意味しています。

最高値も最安値も変わらなければ、
基準線は横ばいになります。

これを利用し、似た計算式を持つ、
転換線、先行スパンを用いて、
短・中・長期的なトレンドを分析することが可能です。

 

 

また、転換線が基準線を下から上に抜けることを、
均衡表の好転と言われ、買いサインの1つ、
上から下に突き抜けることを、
均衡表の逆転と言われ、
売りサインの1つと言われています。