金融政策決定会合とは、
日本銀行金融政策に関することを、
審議、決定する会合のことを言います。

 

ここでは、
主に以下のことについて話し合われます。

  • 金融市場調節方針
  • 基準割引率、基準貸付率及び預金準備率
  • 金融政策手段
  • 経済・金融情勢に関する基本的見解

 

また、会合の終了と同時に、
その決定された内容がすぐに公開されます。

 

特に内容に変更がない場合も、
「現状維持」として発表されます。

 

これは、言い換えれば、
「発表の時間がわからない」ということでもあり、
注目度が高いときにでは、
一般的な経済指標などとは違い、
「相場が急変動したとしても、
すぐにはどんな結果がでたのかが
わからないだけでなく、
そもそも本当に発表されたのかわからない」
状況になっていまいます。

 

会合は、年に8回行われ、
日銀総裁と2人の副総裁、
6人の審議委員という合計9人において、
1人1票ずつの議決権をもって、
多数決によって決定されます。

 

なお、ここに財務大臣などの
政府関係者が
参加することもありますが、
意見をすることはできるものの、
投票権はもっていません。

 

ここで話し合われた内容は、
会合の約1週間後に、
「主な意見」として公表されます。

 

また、
1月、4月、7月、10月の決定会合終了後、
「展望レポート(経済・物価情勢の展望)」
が発表されます。