☝夏枯れ相場の意味

夏枯れ相場(なつかれそうば)とは、
「お盆の閑散相場」とも言われ、

投資の世界において、値動きが小さくなる相場のことを言います。

広く知られているアノマリーであり、毎年のようにこの時期には相場ニュースでこの夏枯れ相場という言葉を見ることになります。

夏枯れ相場の時期は、取引の参加者が減少するため、
値動きが小さくなるだけでなく、小さなzにおいても、

また、この夏枯れ相場中の最安値を「夏底」といいます。

 

 

☝夏枯れ相場の発生の原因

海外投資家は、夏季から9月の第1月曜日である祝日、「レイバー・デー」に向けて、
夏季休暇となる投資家が存在します。

同時に日本でも、お盆休みや夏休みの時期が重なっています。

そのため、期間投資家も休みをとる場合が多く市場参加者が少なくなり、
結果的に夏枯れ相場になるといわれています。