2017年もあと少しとなり、年末特有のアノマリーである、掉尾の一振」や「サンタクロースラリー」が意識される時期となってきましたね(^^)

12月末は「餅つき相場」と言われることもあるなど、この期間に株式市場は、大きく動くこともあります。

日経225先物など株価指数取引の、いつ終わり、いつ始めるのかという、
年末年始の取引日、
その取引時間や、年末年始のアノマリーなどを確認しておきましょう!

※東証の現物株、FXなどは異なります

 


日経平均先物の2017年の最終取引日・時間

酉年

酉年

2017年の大納会(最後の取引日)は、『12月29日(金)』です。

2018年の日経平均先物は、ナイト・セッション含め、通常通り』行われるようになっています。すなわち、30日の朝5時30分まで、取引可能です。

ひと昔前の大納会は、取引時間が短縮されることもありましたが、現在は通常通り取引されています。

 

☝正式な大納会は12月30日

ちなみに、本来大納会は原則12月30日となっています。
2017年は、30日が土曜日のため、その前の営業日である29日が大納会となります。

 

 


日経平均先物の2018年の最初の取引日は?

 

2017年の大発会(最初の取引日)は、『1月4日(水)』です。

日経平均先物も、ナイト・セッション含め、通常通り』の取引時間となっております。

こちらも、原則、例年通常1月4日ですが、もし4日が土日の場合、その次の月曜日が大発会に当たります。

 


 アメリカ市場は2日から

ちなみに、日本株に対して、大きな影響を与える、「アメリカ市場は、1月2日(火)から」取引が行われます。

アメリカは1月1日は休場であることは日本市場と同じですが、1月2日から取引は行われます。

ちなみに、アメリカには、年末のアノマリーとして、サンタクロース・ラリー」が意識される可能性が高いといえます。

 


2018年に向けて

 

ちなみに、株式市場も、通常日と同じ取引時間で行われます。

2017年の大納会2018年の大発会は、通常通り行われますが、今後変更されることもありますので、しっかりと年末年始の取引時間は、毎年確認するようにしましょう。

また、FXを取引している方は、しっかりと取引業者に確認してくださいね!!

 

2018年である戌年の相場格言は、「戌笑う」ともいわれ、上昇することが多いといわれます。

1月効果」とも言われるように、『ご祝儀相場』でのスタートとなるのでしょうか?しっかりと相場を見極めていきましょう(^^)