OPEC
石油輸出機構

読み方:オペック
=:Organizaton of the Petroluem EXporting Countris

 

OPEC(石油輸出機構)とは、
石油価格の維持や、生産量の調整をすることによって、
「輸出国の利益を守ること」を目的とした組織です。

 

歴史上、OPECの動向は、原油価格に大きな影響を与えていましたが、
近年OPEC非加盟国の産出量が増加していることや、
シェールガスなどの代替エネルギーの出現によって、
OPECの影響力の低下も指摘されているものの、
現在でも世界の多くの原油シェアを誇っています。

 

しかし、サウジアラビアとイランなど、
OPEC加盟国同士で利害関係が生じているため、
生産量高などの調整がうまくいかない場合もあります。

 

 

☝現OPEC加盟国

OPECは、中東産油国を中心に、
現在12か国で構成されています。

 

▽もともとの加盟国

  • サウジアラビア
  • イラン
  • イラク
  • クウェート

 

▽その他加盟国
  • カタール
  • リビア
  • UAE
  • アルジェリア
  • ナイジェリア
  • エクアドル