「株価はどうして動くのか」の本当の意味を理解していますか?

「○○によって株価が動いた」というような、様々なファンダメンタル分析を考えていかなければなりませんが、まずは、「株そのものの価格なぜ変動するのか」をしっかりと理解しておきましょう。

 

☝株価が上下に動く理由は「買い手と売り手のバランス」のみ

ニュースを見ると、「○○によって株価が下落した」というようなニュースを見ることが多いかと思いますし、実際に株価が動く直接的な理由は、「買い手と売り手のバランス」のみです。

売られている量よりも、買われている量のほうが多ければ、株価は上昇します。

買われている量よりも、売られている量のほうが多ければ、株価は下落します。

株価が変動する理由は、「買い手と売り手のどちらのほうが多いのか」というだけなのです。

 

 

☝「買い目線の人数が多い⇒株価上昇」ではない

上記で、「株価の変動要因は、買い手と売り手のバランスのみ」と説明しましたが、それは、「上昇するのは、株価が上昇すると考えている人が多いというわけではない」です。
あくまで一説ですが、「個人投資家の9割が、相場を続けているなかで損失となっている」という話すらあります。

株式市場には、個人投資家だけでなく、自社で売買を行う証券会社、保険会社、ヘッジファンドなど、様々な売買を行う、「市場参加者」がいます。

彼らは、様々な人から資産を預かって資産運用を行っているため、一人の個人投資家よりもはるかに多い資産を運用しています。

 

さらに、同じ局面を見ても、

  • 将来株価がさらに上昇する
  • 将来株価は下落する

と考えている人がいます。

極論、市場参加者の全員がその銘柄を買いたいとなれば、売りたい人がいないため、株価は動くことはないのです。

 

 

☝株価を「買いたい」「売りたい」と考えさせることは無限大にある

ここでは、株価や相場の変動は、「需要と供給のバランス」と説明しましたが、その株価を買いたい、売りたいと思わせる内容には、本当に様々なものがあります。

  • 中央銀行の金融政策
  • 政治の影響
  • 法律の変更
  • 決算発表
  • 経済指標
  • 新商品の発表
  • 天災
  • テクニカルの状況
  • 要人の発言

 

など、数えきれない上に、「こういう時は必ず上昇する・下落する」というものも、ある意味ありません。

しかしこれは、「投資とビジネスの共通点」であり、「どうすれば必ずどうなる」という絶対的なものがない中で、あらゆる知識・経験・データから、次の結果を推測していくことになります。

 

Initial Members Clubでは、資産形成を学習していくなかで、自然とビジネススキルも高めることができる独自カリキュラムを構築しています。