陽の寄り付き坊主

読み方:ようのよりつきぼうず

陽の寄付き坊主の図解

陽の寄り付き坊主の図解

陽の寄り付き坊主とは、
始値安値が等しい、
下ヒゲのない大陽線
のことです。
⇔陰の寄り付き坊主

陽の寄り付き坊主の分析

陽の寄り付き坊主は、
大きく上昇していることを示している
ローソク足である以上、
基本的には、

投資家全体では、
上昇への期待感が込められている為、
出現後に相場が上昇する可能性は高い
と考えることができます。

しかし、大きく上昇したあとに、
終値に向けて下落しているということは、
「買い方の一部が、

手仕舞い売りを始めている」と
いうことを示していることにもなります。

そのため、
基本上昇とされる大陽線の中でも特に、

高値圏で出現したり、
ヒゲの長い陽の丸坊主は、
その後相場が
反転のサインとなる可能性がある
ということを、

抑えておく必要があります。