陰の寄り付き坊主とは

読み方:いんのよりつきぼうず

陰の寄り付き坊主の図解

陰のの寄り付き坊主の図解

陰の寄り付き坊主とは、
始値高値が等しい、
上ヒゲがない大陰線のことです。
(⇔陽の寄り付き坊主

基本的には、
投資家の強い失望感を表していますが、
注意が必要なローソク足の一つです。

陰の寄り付き坊主が
出現したら


陰の寄り付き坊主は、
大陰線である以上、
出現した後は
相場が下落する可能性が高い
言われます。

しかし、大きく下落したあとに、
終値にかけて、上昇しているということは、
一部の投資家が、買い戻しを入れている
可能性も示しているため、
安値圏で出現したり、
下ヒゲの長い陰の寄り付き坊主は、
ここが底打ちのサイン
株価が反転し上昇となる可能性
抑えておく必要があります。

これに近い例として、
最後の抱き陰線が存在します。