最後の抱き陰線

読み方:さいごのだきいんせん
対義語:最後の抱き陽線

最後の抱き陰線

最後の抱き陰線

最後の抱き陰線とは、
下落トレンドにある途中や、
安値圏で「小陽線」が出現し、
それをつつみこむ「大陰線
出現することをいいます。
(⇔最後の抱き陽線

 

下落トレンドや、
安値圏での陰のつつみ線の出現とも
言い返ることができます。 

 

 

 

最後の抱き陰線の分析

大陰線」、「陰のつつみ線」ともに、
売りサインと言われるものではありますが、
「最後の抱き陰線」は
相場の上昇転換へのサイン
言われています。
この原理は、
安値圏での小陽線が出現するということは、
下落の一服とともに、
売りポジションの買い決済や、
一部投資家の買い入れ開始を
意味することになります。

 

その後大陰線をつけてしまいますが、
上放れて始まっていることから、
相場の転換を予想して、
買い注文を入れた投資家が、
一定数存在すると考えることができ、
反転の流れのベースは
できていることになります。

 

もちろんこの後も、
下落を続けることもありますが、
大陰線の部分によって、
買いポジションの多くが
決済されたと考えることもでき、
次第に底入れをして、
上昇していく可能性が高いとも考える
ことができます。