最後の抱き陽線

読み方:さいごのだきようせん
対義語:最後の抱き陰線

最後の抱き陽線

最後の抱き陽線

「最後の抱き陽線」とは、
上昇トレンドにある途中や高値圏で、
小陰線」が出現し、

「それをつつみこむ大陽線」が
出現することをいいます。
(⇔最後の抱き陰線)

 

上昇トレンド中や
高値圏での、
陽のつつみ線
出現とも
言い返ることができます。

 

 

 

 

 

最後の抱き陽線の分析


大陽線」、

陽のつつみ線」ともに、
買いサインと言われるものですが、
「最後の抱き陽線」の場合は、
下落転換へのサインと言われています。

 

  

 

最後の抱き陽線が
売りサインとされる要因

 

高値圏での小陰線

 

この理由として、高値圏において、
小陰線が出現したということは、
一部投資家が利食い売りを
始めていること示唆しています。

 

 

高値圏での小陰線に続く大陽線

 

最後の抱き陽線の、
大陽線の出現には、

以下のような原因が考えられます。

 

  • 売りポジションを持っていた投資家の買戻し
  • 大口資金が、株価の押し上げに動いた
  • サプライズの買い要因の発生
     

これらは、いずれも、
その後も継続的に買い注文が発生しない限り、
一時的な急上昇で終わってしまいます

 

もちろんこの後も、
特に新しい買い材料が出た場合では、
上昇を続けることもありますが、
その次のローソク足以降も
上昇を続けない限り、

次第に価格は下落に転換していく可能性があり、
天井を示唆する形と言われています。