底打ちとは、相場が下落しきって、最も安値を付ける状態のことをです。

そのため、下落傾向にあった相場が、上昇に転じたときにも使われることになります。

底打ちのタイミングを見抜き、その銘柄に買いポジションを持つことができれば、大きな利益を得ることができますが、実際にそのときの価格が底打ちなのかどうかは、あとからわかることであり、きわめてその判断は難しいです。