たすき線の見方・分析方法

読み方:たすきせん

 

たすき線とは?

たすき線の図解

たすき線の図解

たすき線とは、
前日の相場の方向と逆の方向に寄付き
その方向に伸び、始値(終値)を超えた
ローソク足の組み合わせのことを言います。

 

たすき線は、構成するローソク足である、陽線陰線の順番によって、
陽のたすき線」と、
陰のたすき線」に分類されます。

 

 

 

たすき線の分析

ローソク足の分析

ローソク足の分析


たすき線が出現したということは、

前日とは逆の方向に離れて寄付き、
その方向に伸びて引けていることから、
相場の転換になりうる分析することができます。

 

その半面、たすき線は、
前日とは逆方向に
動いたローソク足が出現しているため、
これを一時的な調整であり、
前日のローソク足の方向が加速する可能性もあります。

 

また、このたすき線が出現する位置などによって、
「上放れたすき」
「下放れたすき」「連続たすき」などの分析方法も存在します。