予算教書(アメリカ)

 

予算教書とは、
アメリカ大統領が議会に対して提出する、
次の年の予算案の編成方針を記した文章のことです。

アメリカの大統領は、
予算関係も含め、
法案を通す権利を持っていません。

そのため、
大統領が政策や、国の歳入・歳出の意見を、
「こうしたほうがいいのでは」と議会に意見を告げ、
これを受けた議会が、予算関連の法案にとりかかると言われています。

しかし大統領は、
議会が決めた予算関連の法案を、
「拒否」することができます。

アメリカの会計制度は、
毎年2月ごろに提出され、
「その年の10月から次の年の9月」の
予算案が提出されます。

 

三大教書

予算調書の中には、
会計だけでなく、
国防予算や、他の国に対しての予算なども含まれているため、
世界的に注目されています。

とともに、
三大教書」と言われています。