ミシガン大学消費者信頼感指数

 

ミシガン大学消費者信頼感指数とは、
アメリカの消費者の購買意欲、収入、経済状況に対する感覚のアンケート結果を集計した、
代表的な景気関連の経済指標のことです。

 

アンケートは、ミシガン大学の社会調査関係のセンターを統合する上部組織として設立した、
「サーベイ・リサーチセンター」が電話により実施しており、
景気、雇用、収入に関して、
「楽観」または「悲観」で回答され、
1966年を100として指数化されています。

 

分析法

ミシガン大学種皮者信頼感指数は、
全米審議会(コンファレンス・ボード)が発表する、
「消費者信頼感指数」よりも先に発表されるため、
その月の結果を探る手がかりとして注目を集めています。

しかし、消費者信頼感指数は、5000人を対象とするのに対し、
ミシガン大学消費者信頼感指数は、
速報値は300人、確定値は500人と少ないため、
結果の変動が大きいという特徴があります。

一般的には、結果の上昇は、景気が上昇していることを、
下落は景気が低迷していることを意味してます。