トレンド系を学ぶ前に

新人女性

トレンド系テクニカル指標の多くは、
ローソク足と同じ、
メインチャートに表示されるものも多く、
非常に重要なテクニカル指標です。

 

さらに、移動平均線など、
非常にポピュラーな指標もあり、
使いこなす上で、
まずは「どういったものなのか」
しっかりと理解しておくことで、
より分析能力を高めることができます。
 

 

初めてトレンド系を学ぶ方も、
なんとなく理解している方も、
ここで、
「トレンド系とはどういうものなのか」
「使用するうえで抑えておくべきこと」
をしっかりと理解しておきましょう。

 

 

 ◆関連記事
・テクニカル分析を学ぶ上で、初心者が知っておくべき重要な考えかた
・オシレ―タ系とは?投資初心者が知っておくべき基礎知識

 

 

 


「株価のトレンド」を示す


3830661037-dollar-544956_1920_1-ero0-1280x853-mm-100

トレンドとは、
「指定した期間においての、株価の方向性」
のことを言います。


株価が上昇する流れにあることを、
「上昇トレンド」
下落の流れにあることを、
「下降トレンド」と言います。

 

株価の大まかな流れを
見ることができるため、
上昇トレンドのときは、買いポジション、
下降トレンドのときは、売りポジション
保有、または売買を
行うのがセオリーです。

 

例えば、移動平均線であれば、
「上向きでは上昇トレンド」
「下向きでは下降トレンド」
というふうに判断をします。

 

しかし、
分析法によって見方が異なりますので、
それぞれ理解をする必要があります。

 

特に移動平均線は、
トレンド系テクニカル指標の
基礎の基礎でありますので、
しっかりと把握しておくようにしましょう。

➔移動平均の原理と1本での分析法! 

 

 

 

また、上昇と下降、
どちらのトレンドもでておらず、
方向感の見えない相場のことを、

もみあいと言います。
(レンジ相場、ボックス相場などとも言います。)

 

トレンド系指標を使うことで、
「今、どういったトレンドなのか」
見極めるということを
理解しておきましょう。

 

 

 


一般的には、
「順張り」に使用される

 

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

株価のトレンドを表すものであるため、
「中長期的に、
トレンドに沿った売買を行い、利益を得る」
場合に、よく使用されます。

そのため、
株価の流れに沿って売買を行う、
順張り」に向いた分析ともよく言われます。

 
「上がり過ぎ」「下がり過ぎ」を示すため、
逆張り」に向いているとされる、

「オシレ―タ系」とよく区別されます。

しかし、トレンド系を逆張り
使うことも可能であり、

しっかりと一つ一つの、
指標の特性をつかむことがオススメです。

 

 

 


 

期間の設定をどうするか

3398f3d2992476c81dedce7ebc9e42e5_s
トレンド系指標では、
「計算の設定」を変えることができます。

 

例えば移動平均線は、
「○本分の終値の平均」であるため、
何本あたりの平均にするのかを、
自分で設定できるのです。

 

証券サイトなどでは、
指標ごとに、
「一般的によく使われる数値」が、
設定されています。

 

移動平均線では、
10本、25本、75本といった具合です。

 

トレンド系指標の場合、
その期間が広すぎると、

株価からの遅れが
大きくなってしまいます。

逆に、株価からの設定が短すぎると、
ほぼ実際の株価との動きが
一緒になってしまいます。

 

そのため、
設定をいくつにするのかというのが、
一つのポイントになりますが、
「この設定が1番利益がでる」という
ものは存在しない為、
自分で見つけていく必要があります。

 

 

そして、
「この期間の設定を変えるかどうか」
にもまた、答えはありません。

 

期間の設定を、
場面・状況に応じて変える場合、

その場面に合った設定を
見つけることができれば、非常に有効です。

 

設定を常に変えない場合、
長い期間同じものを見続けていることから、
「その設定の癖をつかむ」ことが
できるようになることができるように
なる可能性があります。

 

著者のオススメは、
「同じ設定を見続ける」ですが、
最初のうちは、
様々なことを試したほうが
いいかもしれません。 

 

 


まとめ

応援する女性

トレンド系指標は、

  • 株価のトレンドを示している
  • 一般的には「順張り」で使用される
  • 設定期間は、変え続ける方法と、常に変えない方法がある

ということを抑えておきましょう。

 

そして、多くの証券会社では、
携帯のアプリでも2つ以上の
テクニカルチャートを
表示させることができ、
トレンド系と対をなす、
オシレ―タ系」も抑えておきましょう。

 

トレンド系を学んでいくのであれば、
愛用者も非常に多く奥が深い、
移動平均線から学び

始めるのがオススメです(^^)