包み線(抱き線)とは?

読み方:つつみせん
同義語:抱き線
対義語:はらみ線

つつみ線(抱き線)の図解

つつみ線(抱き線)の図解

包み線(つつみせん)とは、
前のローソク足の値幅を
次のローソク足の本体が
完全に包み込むという
2つのローソク足の組み合わせのことです。
(=抱き線)
(⇔はらみ線

 

また、1つ前のローソク足の値幅を、
一気に上回るほどの
大きな勢力があったことを意味しており、
一般的に、よくトレンドの転換期に
出現すると言われています。

ローソク足2つの組み合わせの中でも、
重要性が高いもの一つです。

 

なお、つつみ線と、
ローソク足の大きさの
前後が逆になっている組み合わせを、
はらみ線」と言います。

 

なお、2つめのローソク足の値幅が、
1つ目のローソク足のどこまでカバーしているか」によって、
切り込み線」、差し込み線」、
あて首線」と区別されます。

 


つつみ線の分析

つつみ線は、
それぞれ2つ目のローソク足によって、

陽のつつみ線陰のつつみ線
分類されることができ、
相場の分析方法が逆になり、

さらに、出現する位置によっても、
読み解き方が変わるため、
充分に包み線の読み方は、
理解しておく必要があります。

 

 

 

陽のつつみ線

陽のつつみ線

陽のつつみ線

前日が陰線、
当日が陽線となるつつみ線のことです。

原則底打ち、上昇のサインと分析されますが、
高値圏で出現した場合、
最後の抱き陽線」となり、
売りサインとも言われます。

 

 

 

陰のつつみ線

陰のつつみ線

陰のつつみ線

前日が陽線、
当日が陰線となるつつみ線のこと。

原則下落、反落のサインと言われますが、
安値圏で出現した場合、
最後の抱き陽線」となり、
上昇サインとも言われます。

 

さらに、抱きの一本立ちなどの
重要なローソク足の組み合わせも、
つつみ線の一種と考えることができるため、
相場全体の多くの注目が集まります。