上昇

上昇

アップサイドリスクとは、「どこまで上昇するのか」「利益をどれだけ伸ばせるか」分からないことを指します。
(対義語:ダウンサイドリスク

 

一般的に「リスク」とは、危険性や損失に対し「リスク」という言葉を使いますが、
投資の世界での「リスク」とは、どこまで動くか分からないことを言います。

 

アップサイドリスク活用例

2016年11月のトランプ相場と呼ばれる上昇相場がありました。

アメリカ大統領選挙でトランプ氏が当選し、
雇用拡大や公共事業への投資など、
アメリカ経済を良くするような内容を発表しました。

トランプ氏が発表した政策からアメリカ経済の発展に期待を持ち、
投資家達が買いを入れた事で株価は上昇して行きました。

その際、どこまで株価が上昇するか分からない状況でした。

この時の上昇をアップサイドリスクと言います。