陽の包み線

読み方:ようのつつみせん
同義語:陽の抱き線
対義語:陽のはらみ線
陰のつつみ線

陽のつつみ線

陽のつつみ線

陽の包み線とは、
前日のローソク足の本体を、
完全に包み込む陽線という、

つつみ線のことです。 
(⇔陰のつつみ線

 

2つのローソク足を合わせると、
陽のカラカサが出現します。

 


陽のつつみ線の分析

一つ前のローソク足陰線)を全て含む
大陽線が出るということは、
買い勢力が、1つ前までの
売り勢力を
大きく上回ったことを示しているため、
その後相場は上昇する可能性が高い
考えることができます。

 

ここでは、
陽線が大きいほど上昇への
期待も大きい
と言われています。

 

 

 

【陽のつつみ線が安値圏で出現】

陽のつつみ線が
安値圏で出現した場合、
底入れのサインとして、
強く意識されるため、
上昇する確率が高いという見方を
することができます。

 

また、いくつかの陰線を、
一度で包み込む大陽線が出現することを、
抱きの一本立ちと言い
強い底入れのサインと言われています。

 

 

 

 

 

【陽のつつみ線が高値圏で出現】

陽のつつみ線そのものは、
上昇サインであるものの、
陽のつつみ線が、
高値圏で出現した場合、

最後の抱き陽線」となる可能性に
注意が必要です。