これから資産形成を始める人向けの
投資情報サイト

今週の相場のポイント!

おさえておくべき今週の相場のポイント!9月28日配信分

こんにちは!IMC情報配信部です!
今週のおさえておきべき相場のポイントをお送り致します!

米国市場

先週末の米国市場はハイテク株の買いが優勢となり、主要3指標共に上昇しました。

11月に行われる米国大統領選に関し、今週から本格化します。
まずは29日に第1回米大統領候補テレビ討論会が開催され、直接対決となります。
また、1つの大統領選の焦点となりうる連邦最高裁判事の後任に関しては、
トランプ大統領はエイミー・バレット氏を指名し、
保守層の支持を固めつつ女性票の獲得を狙うようです。

議論が停滞している追加経済対策に関し、
ムニューシン財務長官とペロシ下院議長が「追加経済救済策を巡る交渉再開で合意した」との報道が出ています。
ただ、元々両党ともに「経済対策が必要」という点では一致しており、
何かしらの形で最終的には政策が実施されると見られています。

米中問題に関しては、
「米商務省が中国半導体受託生産の中芯国際集成電路製造(SMIC)に米国企業などが特定製品を輸出する場合に、事前に同省の許可を得るように求めている」と伝わっているなど、
両国の対立が激化してきています。

経済指標など(一部抜粋)

29日 22:00 ケース・シラー住宅価格指数
29日 23:00 消費者信頼感指数
30日 21:30 四半期GDP国内総生産(確定値)・コアPCE
30日 22:45 シカゴ購買部境界景気指数
30日 23:00 住宅販売保留指数
1日  21:30 個人消費支出・個人所得・新規失業保険申請件数・失業保険継続受給者数
1日  22:45 製造業購買担当者景気指数
1日  23:00 ISM製造業景況指数
2日  21:30 雇用統計
2日  23:00 ミシガン大学消費者信頼感指数

 

日本市場

先週25日に、前日の米国株は小幅な上昇だったのに対し、
日本株は週末にも関わらず取引開始から上昇、
前日に割り込んだ25日移動平均線をわずか1日で回復する展開となりました。
日本株の動きが米国離れしていると言われるものの、全体の流れは意識するようにしましょう。

今週、先週19日からの4連休中の新型肺炎が表面化してきます。

 

ー以降はIMC会員限定サービスとなりますー

※細心の注意を払い作成しておりますが、内容の正確性、及び安全性を保障するものではありません。
※本サービスは、投資知識の学習の為の参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄について、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません
※本サービスが利用者の自己責任のもと利用されるものであることに鑑み、発生したいかなる損害においても、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。 

コインチェック 楽天証券

関連する記事

もっと投資について学びたい方は…