売買代金とは?

売買代金とは、株式市場において、売買が成立した金額のことで、売買単価(株価)に売買高をかけて算出されます。金融市場では、買い手と売り手の値段が折り合うと売買が成立します。つまり、売買代金が多いほど取引が活発に行われており、売買代金が小さければ、閑散しているととらえることができます。

売買代金は毎日、各銘柄、各取引所ごとに発表されており、明確な基準はないものの「東証の場合、取引が活発に行われているかどうかの基準は、2兆円を上回るかどうか」と言われています。

 

個別銘柄の場合、売買代金が大きいことは、市場からの注目度が大きいということの裏付けとなります。逆に売買代金が小さければ、売買が成立しにくいと考えることもできます。特定の材料が出た場合などで個別銘柄の売買代金は市場での注目が集まったときに、突然売買代金が大きくなることがあります。