ドットチャートとは?

ドットチャートとは、FOMC(米連邦公開市場委員会)の参加者が予想するFFレート(アメリカの政策金利)の水準を、それぞれの一つの点(ドット)にして散布図にして表現したグラフのことです。ドットはFOMC各参加者それぞれの予想レンジの中間地を示しています。1年に8回行われるFOMCのうち、3月、6月、9月、12月に公表されます。

なお、FRBは、この「ドットチャートはあくまでFOMC参加者一人一人の金利の見通しに過ぎず、金融政策の意図を表明する基本的な手段はFOMCの声明である」としています。しかし、ドットチャートは将来の政策金利の動きを予想するうえで、市場の一つの判断材料となっており、市場関係者から大きな注目を集めています。