個人投資家とは?

個人投資家とは、文字通り「個人の投資家」のことで、機関投資家の対義語として使用されます。経営者や自営業者、サラリーマン、専業主婦でも、会社の資産でなく個人の資産を投資する場合は、立場や職務にかからわらず全て個人投資家に総称されます。

なお個人投資家の投資対象に関しては、事業・不動産・有価証券など、投資対象は問いませんが、FX(外国為替証拠金取引)といった参入しやすい金融商品も増えてきたこともあり、個人投資家は順調に増えてきています。

また「運用をしよう」という動機も投資家それぞれ異なりますが、その6~7割は運用結果が損失となってしまっているともいわれています。