これから資産形成を始める人向けの
投資情報サイト

投資用語解説

新規失業保険申請件数とは?わかりやすく解説!

新規失業保険申請件数とは?

新規失業保険申請件数とは、米国労働省が公表している失業保険給付を初めて申請した件数を集計した統計のことです。失業者が増えると申請件数が増加するため、アメリカの雇用情勢の悪化を意味し、減少すると雇用情勢の改善とみなされます。

アメリカの雇用情勢をいち早く知るのに適しており、雇用統計に2〜3ヶ月先行すると言われ、一般に、40万人を下回るかが雇用景然の1つの目安と言われています。

新規失業保険申請件数の発表時間

新規失業保険申請件数は、原則毎週木曜日に前週分の数値が公表されます。
また、雇用統計の基準日である「12日を含む週」は、それ以外の期間よりも注目度が高いです。

サマータイム 日本時間21:30
冬時間 日本時間22:30

新規失業保険申請件数の特徴

新規失業保険申請件数は、毎週発表されることからタイムリーな雇用情勢を把握できるものの、様々な要因で変動するため、4週間程度の平均の傾向が見られることが多いです。

また、季節調整も行われるほか、週別の数字は発表されているものの、産業別の数字は公表されません。

コインチェック 楽天証券

関連する記事

もっと投資について学びたい方は…