これから資産形成を始める人向けの
投資情報サイト

投資用語解説

ブラック・スワンとは【投資用語解説】

ブラック・スワン

=黒い白鳥

 

ブラック・スワンとは、
ありえないだろうと考えられていたことや、
ほとんど予想されていなかったことが、
実際に起きたときに、
相場にかなり大きな影響を与えること
意味しています。

 

 

そういった出来事を、
「ブラックスワン・イベント」ともいい、
多くの投資家が、
その出来事を想定していなかったことから、

相場は急激に変動しやすくなります。

 

多くの場合、市場の混乱を伴うことから、
市場の混乱を伴う資産を守るために、
リスクオフの流れとなり、
国債や円といった、
安全資産に資金が集まることが多いです。

 

 

 

ブラックスワンの由来

言葉の通り、ブラックスワンとは、
「黒い白鳥」を意味しています。

 

昔、「白鳥は、白色しかいない」
ということが常識だったものの、
オーストラリアで、「黒い白鳥」が発見され、
大きな衝撃を与えました。

 

このことから予想外の出来事や、
想定していなかったことに対し、
「ブラックスワン」という比喩が
使用されるようになっています。

 

コインチェック

関連する記事

もっと投資について学びたい方は…