「採算為替レート」とは?

円安

 

採算為替レートとは、企業が利益を上げることができる、損益分岐点となる為替レートのことです。一般に輸出企業は円安が進むほど有利に働き、輸入企業には不利に働きます。円高が進めば輸出企業には不利に働き、輸入企業とは有利に働きます。また、ドル円相場において、日本の輸出企業が赤字となる下値メドとして使用されることもあります。