これから資産形成を始めていく人のバイブル
バイブル!

投資用語解説

投資や、相場に関する専門用語をわかりやすく解説

投資用語解説

予想PER(予想株価収益率)とは?

予想PER(予想株価収益率)とは? 予想PER(予想株価収益率)とは、株価を予想利益で割って、同じ業界や市場、国などの株式と比べて割高か割安かを判断する株式指標の1つです。   ☝予想PERの計算 …

投資用語解説

「上方修正」「下方修正」とは?

「上方修正」「下方修正」とは? 上方修正とは、企業が業績や見通しなどの予想や計画などの数字を、それよりも高い数字に引き上げることです。予想以上の結果が見込まれるときに行われ、特に企業が決算発表時などの年度の途中において、 …

投資用語解説

「Fed Watch Tool(Fedウォッチ)」とは?わかりやすく解説

「Fed Watch Tool」とは、CMEグループが算出している、FRBの利上げや利下げといった政策金利に関する確率を、市場がどのくらい織り込んでいるかを表すデータのことです。金利先物市場のデータをもとに算出しており、各FOMCの開催日ごとに織り込み度を確認することができます。また、グラフで算出されているため視覚的にも見やすく、70%を超えると、利上げ(又は利下げ)が実行される可能性が高いといわれています。

「短期筋」「投機筋」とは?わかりやすく解説【投資用語解説】

短期筋(たんきすじ)とは、投機筋とも呼ばれ、短期的な売買によって利益を取ろうとする市場参加者、投資家のことを指します。短期筋となる多くがヘッジファンであり、日本市場は海外投資家の短期筋の影響を受けやすいという特徴があります。

投資用語解説

「リスクオン」とは?【市場用語解説】

「リスクオン」とは、市場参加者がリスクを取ってリターンを追求しやすい地合いのこと、また投資家がリスクの高い資産への投資割合を増やすことです。経済成長や…

投資用語解説

ドットチャートとは?【投資用語解説】

ドットチャートとは、FOMC(米連邦公開市場委員会)の参加者が予想するFFレート(アメリカの政策金利)の水準を、それぞれの一つの点(ドット)にして散布図にして表現したグラフのことです。

投資用語解説

「中間決算」とは?【投資用語解説】

中間決算とは、事業年度初めから6か月目に公表する決算のことです。上場企業は2004年3月から四半期決算が義務付けられ、第2四半期決算のことを指しますが、以前からの慣例でこのように言われます。3月期が本決算の企業の場合、9月期が中間決算に該当します。

決算

「前日比」とは?【投資用語解説】

前日比とは 前日比とは、前日の終値と比べていくら高いのか、または安いのかを現した数値のことです。前日が休場であった場合、最も近い営業日での最後の価格との比較になります。 ☝「△」「▲」の意味 新聞の株価欄な …

投資用語解説

「日米金利差」とは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

  「日米金利差」とは?   日米金利差とは、文字通りに日本とアメリカの金利差のことです。たいていの場合、アメリカの金利のほうが高いため、「日米金利差=アメリカの金利ー日本の金利」で計算されます。 なお、通常この金利差は …

「リセッション」とは?【投資用語解説】

リセッションとは? リセッションとは、景気後退のことで、景気循環の局面の中で、景気が下降している状態のことを言います。 なお、「どうなればリセッションになるのか」という定義に関しては、各国で違いがあり、欧米ではGDP(国 …

景気後退のチャートの図

フォワードガイダンスとは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

フォワードガイダンスとは、中央銀行などが、前もって将来の金融政策の方針を先に表明することです。声明文など通じて、そのとき行われている政策金利の据え置く期間を提示したり、政策を変更する際の条件など(雇用や物価などの指標などの場合が多い)を明言するといった方法がとられます。

投資用語解説

個人投資家とは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

個人投資家とは? 個人投資家とは、文字通り「個人の投資家」のことで、機関投資家の対義語として使用されます。経営者や自営業者、サラリーマン、専業主婦でも、会社の資産でなく個人の資産を投資する場合は、立場や職務にかからわらず …

個人投資家

仕立株とは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

仕立株とは? 仕立株とは、特定の投資家が投機などのために、まとまった売買を行うことで、株価のつり上げやつりさげが行われた銘柄、またはその傾向が強い銘柄のことをいいます。仕立株は、値動きを起こすことを目的として売買をされて …

投資用語解説

「主要3指数」とは?【投資用語解説】

主要3指数とは? 主要3指標とは、アメリカの代表的な株価指数のことで、ダウ平均株価、S&P500、ナスダック総合指数の3つを指します。(英語:three major US stock indexes、three …

指標

「売買代金」とは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

売買代金とは? 売買代金とは、株式市場において、売買が成立した金額のことで、売買単価(株価)に売買高をかけて算出されます。金融市場では、買い手と売り手の値段が折り合うと売買が成立します。つまり、売買代金が多いほど取引が活 …

投資用語解説

「思惑」とは?わかりやすく解説【投資用語解説】

「思惑」とは? 思惑(おもわく)とは、本来の日本語の意味は「考え・意図・見込み・期待・評判」などを意味していますが、マーケットで使用される場合「市場の先行きの予想やその理由と考え」を意味しています。なお、思惑はあくまで「 …

投資用語解説

「思惑売り」とは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

思惑売り(おもわくうり)とは、「見越売り」とも言われ、具体的な株価を下落させる材料が見当たらないものの、憶測や予想、噂などをもとに株価の値下がりを見込み買うことをいいます。 材料が出る前に、期待や予想が広がり、価格が上昇することは多く、相場の世界には「噂で買って事実で売る」という相場格言も存在します。

投資用語解説

「思惑買い」とは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

「思惑買い」とは?   思惑買い(おもわくがい)とは、「見越買い」とも言われ、具体的な株価を上昇させる材料が見当たらないものの、憶測や予想、噂などをもとに株価の値上がりを見込み買うことをいいます。 材料が出る前に、期待や …

投資用語解説

非農業部門雇用者数とは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

非農業部門雇用者数とは? 非農業部門雇用者数とは、毎月第1金曜日に発表するアメリカの雇用統計のひとつで、農業部門を除いた産業で働く雇用者数のことです。失業率と並んでアメリカの雇用情勢を表す代表的な経済指標であり、FRB( …

指標

「採算為替レート」とは?【投資用語解説】

  「採算為替レート」とは?   採算為替レートとは、企業が利益を上げることができる、損益分岐点となる為替レートのことです。一般に輸出企業は円安が進むほど有利に働き、輸入企業には不利に働きます。円高が進めば輸出企業には不 …

「利下げ」とは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

「利下げ」とは? 利下げとは、その国や地域の中央銀行が、政策金利を引き下げる金融政策です。一般に、各国中央銀行の金融政策決定会合で決定されます。現在であれば、アメリカのFRBが「利下げ」といった場合FFレートを指し、日銀 …

投資用語解説

「WTI」とは?わかりやすく解説【投資用語解説】

  「WTI」とは? 「WTI」とは、West Texas Intermediateの略称で、アメリカの代表的な原油です。また、ニューヨークマーカンタイル取引所でWTIの先物取引が行われており、「原油価格の代表的な指標」 …

「薄商い(うすあきない)」とは?【投資用語解説】

「薄商い(うすあきない)」とは? 薄商い(うすあきない)とは、出来高(取引量)が少なく、株価もあまり変動がない閑散している相場の状態のことです。様子見相場、模様眺め、閑散商いなどともいわれます。薄商いは、多くの市場参加者 …

投資用語解説

「買戻し」とは?【投資用語解説】

「買戻し」とは? 買戻し(かいもどし)とは、信用取引や先物取引で空売りをしている銘柄に対して、買い決済を入れることです。なお、手じまい買いも同じ同義語となります。 なお対義語として、「売り戻し」とは言わず、強いてあげれば …

投資用語解説

手じまい売り(てじまいうり)とは【投資用語解説】

手仕舞い売りとは   手じまい売りとは、いま保有している買いのポジションを決済することを言います。手仕舞いという言葉が、「反対売買での決済」を意味するため、新しく注文を入れる、新規注文との区別するために使われることが多い …

「値ごろ感」とは?【投資用語解説】

「値ごろ感」とは? 値ごろ感とは、”商品の価格よりも「お買い得」という印象が感じられる状態”のことで、金融市場においては、「人気の実態やほかの銘柄と比べて、売買するのに適切な価格と捉えること」です。一般的に、株式を購入す …

投資用語解説

「物色」とは?【投資用語解説】

「物色」とは? 物色とは、多くの中から適切な人やモノを探し出すことですが、金融市場で「物色」と表現された場合、「上昇しそうな銘柄を探すこと」「動きがありそうな個別銘柄やテーマ株などの複数の銘柄に資金が入り、実際に値動きが …

消費者マインドとは?【投資用語解説】

消費者マインドとは? 「消費者マインド」とは、消費者の購買意欲や、経済状況に対する感触のことで、平たく言えば「何かを購入しようという気持ち」のことです。消費者マインドは、賃金や雇用の環境、物価など様々なものから影響を受け …

先行指標とは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

景気や経済の先行きを予想できる、「先行指標」についてわかりやすく解説していきます。 先行指標とは? 先行指標とは、景気の動きに先立って動く傾向のある指標のことを言います。(⇔遅行指数)そのため、先の景気がどのようになるの …

指標

「景気指標」とは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

景気指標とは? 景気指標とは、景気の動きを示すデータや、それらいくつかから導き出される指標のことです。景気指標を見ることで、景気の現状の把握や今後の予想に使用することができます。 景気指標は、景気に先立って動く「先行指標 …

投資用語解説

「不透明感」とは?【投資用語解説】

不透明感とは? 不透明感とは、相場の世界において、市場に影響を与える物事の移り変わりや、実際の状態などがはっきりとしていない状態のことを言います。 一般に不透明感は、その後に不安が感じられるような材料に使用されます。

投資用語解説

「ガイダンスリスク」とは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

決算シーズンなどで投資家に意識されやすい、「ガイダンスリスク」についてわかりやすく解説します。   「ガイダンスリスク」とは? ガイダンスリスクとは、「企業が投資家に向けて四半期や、次の年の業績の見通しを発表する際のリス …

決算

全面安(ぜんめんやす)とは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

全面安とは、「上場しているほとんどすべての銘柄が下落している状態のこと」を言います。株価の動きは本来銘柄ごとに異なるはずのものの、大きな悪材料が解決した場合や、市場全体に悪影響与える材料がでた場合など、リスクオフの流れが発生した場合などに発生します。なお、全面安は、「為替相場においては、ある通貨がほかの通貨と比較したときに、全面的に売られている状態のこと」を指します。

投資用語解説

全面高とは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

全面高とは、「上場しているほとんどすべての銘柄が上昇している状態のこと」を言います。株価の動きは本来銘柄ごとに異なるはずのものの、懸念されていた大きな悪材料が解決した場合や、市場全体に好影響を与える材料がでた場合など、市場の先行きへの期待が高まった際に発生します

投資用語解説

「突っ込み売り」とは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

「突っ込み売り」とは? 突っ込み買いとは、決算発表や悪材料で、ダラダラ下げて相場が株価が一気に急落する「突っ込み」の状態のあとにさらに売りを入れる手法のことです。  

「突っ込み買い」とは?わかりやすく解説!投資用語解説!

「突っ込み買い」とは? 突っ込み買いとは、決算発表や悪材料で、ダラダラ下げて相場が株価が一気に急落する「突っ込み」の状態のあとの、反発を狙って買う手法のことです。相場が勢いよく下落したあとに、想定外の安値水準を示し、行き …

「突っ込み」とは?投資用語解説!

突っ込むとは、決算発表や悪材料で、ダラダラ下げて相場が株価が一気に急落することです

「突っ込み警戒」とは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

突っ込み警戒とは、「価格の下落が続いたあとや下がりすぎたあとに、その反動による急反発を心配される状態・市場のムード」のことです。

「センチメント」とは?わかりやすく解説!【投資用語解説】

「センチメント」とは? センチメントとは、マーケットにいて「市場心理」のことです。平たく言えば、投資家が金融市場に対してどう考えているか、どうとらえているかということです。 語源となっている”Sentimen …

センチメント

個人投資家とは?わかりやすく解説【投資用語解説】

  個人投資家とは? 個人投資家とは、将来の利益のために個人の資産を証券や外貨、不動産などの資産に投資する人のことであり、機関投資家の対義語に当たります。なお、特に外国為替取引においては、「ミセス・ワタナベ」と …

個人投資家

「レパトリ(レパトリエーション)」とは?【投資用語解説】

株式投資やFXなどでよく出てくる「レパトリ」についてわかりやすく解説します^^   レパトリ(レパトリエーション)とは? レパトリとは、その企業などが「海外に対して投資していた資金を、もともとの国に戻すこと」を …

「個別銘柄」とは?わかりやすく解説!

「個別銘柄」とは、株しい市場における1つ1つの銘柄のことを意味しています。 「○○関連株」といった、テーマ性のある銘柄など複数の銘柄を指す言葉に対して、用いられることが多いです。

株式

「銘柄」とは?わかりやすく解説【投資用語解説】

銘柄(めいがら)とは、証券市場の世界において、「売買の対象となる会社・商品・有価証券」の1つ1つの呼び名のことです。 一般には、証券取引所に上場している企業の株式を指すことが多いですが、投資信託などを指す場合もあります。 …

「亥(い)固まる」とは?【投資用語解説】

「亥(い)固まる」とは? 「亥(い)固まる」とは、干支にまつわる相場格言・アノマリーの1つで、「相場の動きは小さな値動きに伴う」ということを比喩しています。 ただ、亥年の1950年以降の日経平均株価の年間での推移を見ると …

亥年

「想定為替レート」とは?ポイントをわかりやすく解説!

株式に関するニュースでよく出てくる、「想定為替レート」について、初心者にもわかりやすく解説していきます。想定為替レートを理解することによって、運用の判断材料とすることができます。   想定為替レートとは? 想定 …

為替レート

「幻のSQ」とは?わかりやすく解説

先物取引を行っている方は、「幻のSQ」という言葉を聞いたことがあると思います。 この幻のSQとはなんなのか、そのあとにどのような相場が想定されるのかを解説していきます。   幻のSQとは? 幻のSQとは、日経平 …

「戌笑い(戌笑う)とは?」(相場格言)

「戌笑い(戌笑う)」とは? 「戌笑う(戌笑う)」とは、干支にまつわる相場格言・アノマリーの1つで、相場が活気づき、笑いが止まらないということを比喩しています。   なお、この干支の相場格言の全文は以下の通りです …

海外投資家(外国人投資家)とは?わかりやすく解説!

よく、「海外投資家の買い」「外国人投資家が売り越した」というニュースがでるように、日本市場において投資を行うには、「海外投資家」「外国人投資家」の行動について理解を深めておく必要があります。 ここでは、その「海外投資家」 …

底打ち(底を打つ)とは?【投資用語解説】

底打ちとは、相場が下落しきって、最も安値を付ける状態のことをです。 そのため、下落傾向にあった相場が、上昇に転じたときにも使われることになります。 底打ちのタイミングを見抜き、その銘柄に買いポジションを持つことができれば …

アップサイドリスクとは【投資用語解説】

  アップサイドリスクとは、「どこまで上昇するのか」「利益をどれだけ伸ばせるか」分からないことを指します。 (対義語:ダウンサイドリスク)   一般的に「リスク」とは、危険性や損失に対し「リスク」とい …

上昇

夏枯れ相場とは【投資用語解説】

☝夏枯れ相場の意味 夏枯れ相場(なつかれそうば)とは、 「お盆の閑散相場」とも言われ、 投資の世界において、値動きが小さくなる相場のことを言います。 広く知られているアノマリーであり、毎年のようにこの時期には相場ニュース …

ジャクソンホール会合とは【投資用語解説】

ジャクソンホール会合とは、アメリカ・ワイオミング州のジャクソンホール会合で毎年開催される、経済政策シンポジウムのことです。 カンザスシティ連邦準備銀行が主催し、世界各国から中央銀行総裁や政治家、学者、エコノミストなどが参 …

ポジショントークとは【投資用語解説】

ポジショントーク ポジショントークとは ポジショントークとは、著名投資家が、 自分の保有しているポジションにとって有利な情報や、 見通しを、メディアを通して発言することです。 例えば、ウォーレン・バフェットのような投資家 …

SUNRISE銘柄(日の出銘柄)とは?【投資用語解説】

SUNRISE銘柄(サンライズ銘柄・日の出銘柄)とは?   ▼SUNRISE銘柄(サンライズ銘柄)とは SUNRISE銘柄とは、日の出銘柄とも言われ、 S:ソフトバンク N:任天堂 R:リクルートHD S:ソニ …

天神底とは?【投資用語解説】

天神底とは 天神底の意味 天神底(てんじんぞこ)とは、相場の世界において、7月下旬あたりに株価が底をつけて反発し、上昇し始めるというアノマリーの一つです。   天神底の由来は、同じく7月下旬に開催される「天神祭 …

【ここで完璧】ボリンジャーバンドの「ボージ」の見方・使い方をわかりやすく解説

ボリンジャーバンドの「ボージ」の見方・使い方をわかりやすく解説 ボージとは、ボリンジャーバンドの基本的な分析方法であり、 これを理解し、使いこなすことで、トレンドの把握がさらに確率があげることができます。 ここでは、その …

ボージの図解(ボリンジャーバンド)

暴騰とは【投資用語解説】

暴騰とは 読み方:ぼうとう 暴騰とは 暴騰とは、相場の世界において、 急激に価格や相場が上昇することを言います。 さらに非常に大幅に上昇する際には、「大暴投」という表現が使用される場面もあります。 逆に、相場が急激に下落 …

MANT銘柄とは?【投資用語集】

MANT銘柄とは ▼MANT銘柄とは MANT銘柄とは、アメリカの主力のテクノロジー会社の総称であり、 M:Microsoft(マイクロソフト) A:Apple(アップル) N:Nvidia(エヌビディア) T:Tesl …

暴落とは【投資用語解説】

暴落とは 読み方:ぼうらく 暴落とは 暴落とは、相場の世界において、 急激に価格や相場が下落することを言います。 さらに非常に大幅に下落する際には、「大暴落」という表現が使用される場面もあります。 逆に、相場が急激に上昇 …

テーパー・タントラムとは【投資用語解説】

テーパー・タントラム   テーパー・タントラムとは テーパー・タントラムとは、 量的緩和の縮小による、市場の癇癪(かんしゃく)のことです。 テーパー・タントラムは、 金融政策における量的緩和の縮小を意味する、「 …

下げ幅とは【投資用語集】

下げ幅 読み方:さげはば 対義語:上げ幅 ▼下げ幅の意味 下げ幅とは、投資の世界において、 下落した株価の、その値下がりの幅のことです。   下げ幅の具体例 100円だった株価が、90円になれば、下げ幅は10円 …

上げ幅とは【投資用語集】

上げ幅 読み方:あげはば 対義語:下げ幅     ▼上げ幅の意味 上げ幅とは、投資の世界において、 上昇した株価の、その値上がりの幅のことです。   上げ幅の具体例 100円だった株価が、1 …

値幅とは?【投資用語解説】

値幅 読み方:値幅     値幅とは、投資の世界の中では、 「高値と安値の差のこと」を言います。   「値幅が広がる・大きくなる」といえば、 高値と安値の差がひらくことを意味し、 「値幅が狭 …

割安感とは【投資用語集】

割安感 読み方:わりやすかん 対義語:割高感   割安感とは、 投資の世界において、 市場全体や、同業他社よりも、株価が安いと考えられることを言います。   一般的には、割安感のある銘柄は、 買われて …

FAANG(銘柄)とは【投資用語解説】

FAANG銘柄とは  FAANG銘柄とは、 2015年にアメリカの株式市場で流行となった、 ハイテク銘柄群である「FANG」の銘柄に、 アップルを加えた、5銘柄のことの頭文字をとり、 つないだ造語のことを言います。 ◆F …

OPEC(石油輸出機構)とは【投資用語解説】

OPEC 石油輸出機構 読み方:オペック =:Organizaton of the Petroluem EXporting Countris   OPEC(石油輸出機構)とは、 石油価格の維持や、生産量の調整を …

FANG(銘柄)とは【投資用語集】

FANG(銘柄)とは 読み方:ファング   ▼FANGの意味 FANG(銘柄)とは、 2015年にアメリカ市場で有名になった、 F:フェイスブック (SNS) A:アマゾン (ネット通販) N:ネットフリックス …

ハング・パーラメントとは【投資用語集】

ハング・パーラメント 同義語:宙ぶらりん国会・少数派議会   ハング・パーラメントとは、 「宙ぶらりん国会」とも言われ、 議員内閣制において、 どの政党も、単独過半数の議席数を獲得していない状態のことです。 & …

割高感とは【投資用語集】

割高感 読み方:わりだかかん 対義語:割安感   割高感とは、 投資の世界において、 市場全体や、同業他社よりも、株価が高いと考えられることを言います。 一般的には、割高感となる銘柄は、売られて下落する傾向にあ …

ヒンデンブルグの予兆(ヒンデンブルグ・オーメン)とは【投資用語解説】

ヒンデンブルグの予兆 (ヒンデンブルグ・オーメン)   ヒンデンブルグの予兆とは、 アメリカ株式市場において、 株価暴落の前兆として現れるサインのことです。   テクニカル分析のシグナルであり、 この …

支援材料とは【投資用語集】

支援材料 読み方:しえんざいりょう 支援材料とは、投資の世界において使用される場合、 相場や株式が上昇する要因のことを言います。 例えば、日経平均株価は、輸出企業の割合が多いことから、 円安が支援材料となりやすいです。 …

嫌気とは【投資用語解説】

嫌気とは 読み方:いやき 対義語:好感   嫌気とは、 株価が下落するような材料に対して、 個人投資家や市場全体が、悲観的に考えることを言います。   嫌気に関連した用語として、 「嫌気売り」、「嫌気 …

好感とは【投資用語解説】

好感とは 読み方:こうかん 対義語:嫌気   「好感」とは、 市場が、何かしらの材料について、 投資家から上昇要因として判断、評価されることを言います。 相場の世界では、 こういったことが起きれば、必ず株価が上 …

凪相場とは【投資用語集】

凪相場 読み方:なぎそうば 凪相場とは、 相場があまり変動しない状態のことを言います。 風がおさまって、波が穏やかな状態であることを示す、 「凪」という言葉を由来に、このように使用されます 通常、凪相場となる場合、 出来 …

売り先行とは【投資用語解説】

売り先行 読み方:かいせんこう 対義語:買い先行 類義語:売り優勢 売り先行とは、 株式市場において、寄付きなどの取引開始時点の場合において、 売り勢力が買い勢力を上回ることです。 (⇔買い先行)   該当する …

買い先行とは【投資用語集】

買い先行 読み方:かいせんこう 対義語:売り先行 類義語:買い優勢   買い先行とは、 株式市場において、寄付きなどの取引開始時点の場合において、 買い勢力が売り勢力を上回ることです。 (⇔売り先行) 該当する …

ディフェンシブ銘柄とは【投資用語集】

ディフェンシブ銘柄 同義語:ディフェンシブストック 対義語:景気敏感株   ディフェンシブ銘柄とは、 業績や株価が、景気の動向に左右されにくい銘柄のことです。 比較的、株価大きく上昇することもなければ、 急落す …

景気敏感株(景気循環株)とは【投資用語集】

景気敏感株とは 読み方:けいきびんかんかぶ 同義語:景気循環株・シクリカル銘柄 対義語:ディフェンシブ銘柄   景気敏感株とは、 景気の動向によって、 株価や企業の売り上げが大きく変動しやすい銘柄のことです。 …

ミシガン大学消費者信頼感指数とは【投資用語解説】

ミシガン大学消費者信頼感指数   ミシガン大学消費者信頼感指数とは、 アメリカの消費者の購買意欲、収入、経済状況に対する感覚のアンケート結果を集計した、 代表的な景気関連の経済指標のことです。   ア …

米小売売上高とは【投資用語集】

小売売上高 読み方:こうりうりあげだか   米小売売上高とは、 アメリカの百貨店、スーパーといった、 小売業・サービス業の1月あたりの売上高についての経済指標のことです。 世界一の消費対抗であり、 個人消費がG …

PMI(購買者担当指数)とは【投資用語解説】

PMI 読み方:ぴーえむあい PMI(Purchasing manager’s Index)とは、 購買担当者景気指数とも言われる代表的な経済指標で、 企業購買担当者に、 景気の状態に対する印象を、 依然と比 …

ダウンサイドリスクとは【投資用語解説】

ダウンサイドリスク 同義語=下振れリスク ダウンサイドリスクとは、「下振れリスク」とも言われ、 相場や株価、物価などが、 事前の想定よりも下回る可能性のことを言います。 同様に、「損失をするリスク」のことを意味する場合も …

下振れリスクとは【投資用語集】

下振れリスク(下方リスク) 読み方:したぶれりすく 下振れリスクとは、 株価や景気などが、事前の想定よりも、 下回る可能性があることを言います。   具体的には、国内、国外の景気や情勢の悪化、 国や金融機関の信 …

モメンタムとは【投資用語解説】

モメンタム   モメンタムとは、「勢い・はずみ」を意味する言葉で、 相場の世界で使用される場合、 「相場の勢い」を意味しています。 ※テクニカル分析のモメンタムは別記 モメンタムという言葉は、 株価の方向性など …

キャスティングボードとは【投資用語集】

キャスティングボード キャスティングボードとは、本来は、議会などにおいて、 賛成・反対が同数のとき、議長が持つ決定権、決定票のことを言います。 また、政治などで利用される場合、 議長が決定権を持つ場合は少ないです。 その …

サプライズとは【投資用語解説】

サプライズ サプライズとは、投資の世界において、 相場を大きく動かすような、 驚くべき材料が出てくることをいいます。 具体的には、 「事前に予想されていていなかったことが発生すること」を指しています。 相場の世界では、影 …

フレグジッドとは【投資用語解説】

フレグジッド   フレグジッドとは、 「フランスのEU離脱」を意味しています。 「フランス(France)」と「離脱(exit)」を明け合わせてできた造語で、 「ブレグジッド」も同様の作られ方をしています。 & …

ソフト・ブレグジッドとは【投資用語解説】

ソフト・ブレグジッド 対義語:ハードブレグジッド ソフトブレグジッドとは、 明確な定義こそないものの、 イギリスがブレグジッド(EU離脱)はするものの、 ヒト・モノ・カネの自由な流れというような、 EUに属するメリットを …

ブレグジッドのイメージ

円安とは【投資王用語解説】

円安 読み方:えんやす 対義語:円高   円安とは、日本の通貨である「円」が、 海外の通貨に対して、価値が下がることを言います。 また、円安となった場合、 輸入企業は、同じ海外の商品を輸入するにも、 多くの円が …

円安

外的要因とは【投資用語解説】

外的要因 読み方:がいてきよういん 対義語:内的要因 外的要因とは、 国語辞典によれば、 「外部からそのものに与える要員」のことです。 すなわち、投資の世界においては、 「その銘柄に直接関係しているわけではないものの、 …

円高とは【投資用語解説】

円高 読み方:えんだか 対義語:円安 円高とは、日本の通貨である「円」が、 海外の通貨に対して、価値が上がることを言います。 また、円高となった場合、 輸入企業は、同じ値段で、 海外の製品を安く買えるため、 輸入企業に対 …

円高

エクスパンション【ボリンジャーバンド】

エクスパンション エクスパンションとは、 ボリンジャーバンドにおいて、 バンドの幅が拡大していくことのことをいいます。 言い返ると、バンド幅が狭くなっている、 「スクイーズ」の状態から、 エクスパンションに移行していくこ …

小反発とは【投資用語解説】

小反発 読み方:しょうはんぱつ 対義語:小反落 小反発とは、 下落傾向にあった相場が、 一転して、少しだけ上昇することを言います。 (⇔小反落) 「勢いが小さい反発」という意味を持っていますが、 どこからが小反発なのか、 …

小反落とは【投資用語解説】

小反落 読み方:しょうはんらく 対義語:小反発   小反落とは、 上昇傾向にあった相場が、 一転して、少しだけ下落することを言います。 (⇔急反落)   「勢いが小さな反落」という意味を持っていますが …

二日新甫とは【投資用語解説】

二日新甫 読み方:ふつかしんぽ 2日新甫とは、土日や祝日によって、 「月の最初の取引日が2日から始まること」を言います。   この「二日新甫」となったときや、 「3日新甫」となった月は、 相場が大きく動きやすい …

急反落とは【投資用語集】

急反落 読み方:きゅうはんらく 対義語:急反発   急反落とは、 上昇傾向にあった相場が、 一転して、急激に下落することを言います。 (⇔急反発) 「大きな勢いをもった反落」という意味を持っていますが、 どこか …

急反発とは【投資用語集】

急反発 読み方:きゅうはんぱつ 対義語:急反落   急反発とは、 下落傾向にあった相場が、 一転して、急激に上昇することを言います。 (⇔急反落) 「大きな勢いをもった反発」という意味を持っていますが、 どこか …

反落とは【投資用語解説】

反落 読み方:はんらく 対義語:反発 反転とは、 上昇していた相場が、 一転して下落することを言います。 (⇔反発) この反落の勢いの勢いによって、 大きな反落のときは「急反落」、 小さいときは、 「小反落」と言われる場 …

反発とは【投資用語解説】

反発 読み方:はんぱつ 対義語:反落   反発とは、 下落していた相場が、 反転して上昇することを言います。 (⇔反落) この反発の勢いの勢いによって、 大きな反発のときは「急反発」、 小さいときは、「小反発」 …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © Initial Members Club All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.