サーキットブレーカー

サーキットブレーカー(制度)とは、
価格が短い期間で、
急激な変動をした場合、
一時的に取引を停止する仕組みのことを
言います。

 

株価が急激に下落している場合、
我先にと売り注文が殺到し、
下落が止まらなくなる状態を防ぐために、
一時的に売買そのものを止めることで、
投資家に落ち着きを
取り戻してもらい、
急変動を防ぐために、
各国で導入されました。

 

なお、1日で大きく株価を下落した、
「ブラックマンデー」の教訓から
導入されたと言われています。

 


日本の
サーキットブレーカー

日本においては、
現物市場は対象となっておらず、
先物・オプション市場のみに
導入されています。

 

 

過去の日本での発動日

  • 2001年9月12日
    (:日経先物)
  • 2008年9月16日
    (:国債先物)
  • 2008年10月10日
    (:日経先物・TOPIX先物)
  • 2008年10月16日
    (:日経先物)
  • 2011年3月14日
    (:TOPIX先物)
  • 2011年3月15日
    (:日経先物・TOPIX先物)
  • 2013年5月23日
    (:日経先物)
  • 2016年2月9日
    (:日経先物)