大納会

読み方:だいのうかい

 

大納会とは、
日本の証券取引所の、
1年間の最後の取引日
ことです。
(⇔大発会

 

また、大納会にかけて株価が上昇する、
掉尾の一振(ちょうびのいっしん)

というアノマリー現象も存在します。

 



基本的には、毎年12月30日ですが、
30日が土日であった場合、
その前の平日が大納会となります。
(2016年は12月30日)

 

 

なお、2008年までは、
大納会の日の午前11時までで、
その年の取引が終了となっていたものの、
2009年からは、
通常の営業日と同じ取引時間
となっています。
(コンピュータシステム変更の為)

 

なお、日経平均先物などの、
株価指数先物なども、
ナイト・セッション含め、

通常の営業日と同じ取引時間
行われます。