金融政策

 

 
1つの国や、

EUといった同じ通貨を使用した地域が、
「経済の安定と成長」をするために、
中央銀行が行う金融の調整のことです。

 

経済を安定させ、成長させるためには、
インフレになりすぎても、
デフレになりすぎてもいけません。

 

景気の行き過ぎが起きそうなときには、
金融引き締め」を行い、
インフレを抑制し、
景気が悪い場合には、
金融緩和」を行うことで、
デフレを払拭させようとします。

 

その調整をするために、
中央銀行は大きく分けて、
よくの3つの手段を用いています、

  • 金利操作(政策金利・公定歩合操作)
  • 公開市場捜査
  • 預金準備率捜査(支払準備率操作)

 

日本の金融政策は、
日本銀行が、物価の安定をさせるために、
日銀金融政策決定会合において、
金融政策の方針や内容を決定します。

 

また、アメリカにおいては、
FRBが行う、「FOMCにて
決定されます。

 

EUでは、ECBが行う、
「ECB理事会」
にて

決定されます。

 

こういった各国、地域が決定する
金融政策は、

中央銀行が現在、及び今後の経済を
どのように捉えているかを
把握することができるため、
相場に大きな影響を与える場合があるので
しっかりと結果を見極める必要があります。