ハードブレグジットとは

対義語:ソフトブレグジッド

ブレグジッドのイメージ

ハードブレグジッドとは、
明確な定義はないものの、多くの場合、
イギリスが
EU離脱(ブレグジッド)の際、

EUの特権である加盟国との、
ヒト・モノ・カネの
自由な流れを失うような、

強硬な(ハードな)ブレグジッド
意味しています。
(⇔ソフトブレグジッド)

 

イギリスが
EUの単一市場との
アクセスを失う
という表現が
よく使われます。

 

2017年1月17日の、
メイ首相の会見によって、
ほぼハードブレグジッドとなるのではという、
方向性が明らかになっています。

ハードブレクジッドに
なると?

例えば、今までであれば、
原則関税がかからずに、
EU加盟国と貿易をすることができましたが、
それすらも不可能になります。
現状、イギリスの輸出の約4割が
EU加盟国に向けてであることを考慮すると、

貿易へのダメージは大きいでしょう。

 

他にも、ハードブレグジッドの場合、
ロンドンを拠点とする、
イギリス国外の銀行などが、
ヨーロッパ内の拠点を
他のEUの国へ移す可能性も高く、
イギリスには大きな経済的な損失が出る
推測することができます。

 

言い返ればハードブレグジッドは、
そのような経済的損失を出そうと、

移民に対する規制を優先し、
強硬的に離脱することになるため、
現在のところ、リスク要因として、
市場に捉えられているようです。