ナイトセッション
=夜間取引

 


ナイト・セッションとは、

夜間取引とも言われ、
通常の日中取引に続いて
夜に行われている取引
のことを言います。

 

主に、先物取引、
オプション取引などを
中心に行われており、

現在の取引時間は、
16時30分から、次の日の5時30分まで、

となっています。

 

なお、基本的に取引のルールは、
日中取引と同じです。

 

2007年から開始されており、
これにより、仕事を終えた会社員が、
日経225先物取引などを

夜に取引を行うことが、
容易になっています。

 

この取引時間により、
日本株が大きく影響を受ける
ドイツやイギリスなどのヨーロッパ市場、
アメリカ市場などの取引時間に、
取引を行うことが可能になっています。

 

さらに、
通常日中立ち合いが終了したあとに、
発表される企業の決算発表に
対応することができます。

 

なお、ナイトセッションで
約定したポジションは、

次の営業日に約定されたことになります。

(例1月5日(火)午後18時に約定した注文は、
1月6日(水)に約定したということになります。)

ここには、
16時30分のナイトセッションの開始から、

日中取引の大引けまでを、
「取引日」という単位で、
決済処理が行われるためです。