これから資産形成を始める人向けの
投資情報サイト

投資用語解説

NT倍率とは?【投資用語解説】

NT倍率とは?

NT倍率とは、日経平均株価TOPIX(東証株価指数)で割って算出した値のことです。日経平均株価の「N」、TOPIXの「T」という両者の頭文字をとって「NT倍率」と呼ばれており、2つの指標の相対的な強さを示しています。

日経平均株価は株価が高い値嵩株の影響を受けやすく、TOPIXは時価総額が大きい銘柄が大きいという特徴があります。相場状況にも大きく左右されますが、NT倍率の標準は10前後とされています。

市場全体の株価が上昇するときはNT倍率は上昇する

市場全体の株価が上昇する際には、一般に日経平均株価の方がTOPIXよりも早く上昇する傾向があります。そのため、市場全体が上昇傾向にある際にはNT倍率が上昇する傾向があります。しかし、この2つの指標は先物市場でも取引されていることからアービットラージにも利用されることもあり、NT倍率の動きは非常に複雑です。

 
コインチェック 楽天証券

関連する記事

もっと投資について学びたい方は…