大引けとは

大引けとは、取引時間の最後に取引された価格のことです。
(⇔寄り付き

株式市場では、1日の取引時間が、「前場」と「後場」の2回に分かれているため、大引けが2回あることになるものの、一般的には大引けといった場合「後場の最後の時間の終値」のことを指している場合が多いです。


なお、日経平均先物であれば、
たいてい、日中取引の最後の価格」のことを指しています。