これから資産形成を始める人向けの
投資情報サイト

今週の相場のポイント!

おさえておくべき今週の相場のポイント!1月27日配信分 by Initial Members Club

こんにちは!IMC情報配信部です!
今週の相場のポイントを見ていきましょう。

アメリカ市場

28日から29日にFOMCが開催されます。金融政策に変更はない見込みですが、2020年のFRBの金融政策の見通しに変化を与えるような内容が出てくるかが注目されます。
 
トランプ大統領は先週行われたダボス会議後の記者会見で、「EUとの貿易交渉後の正式協議が遅れており、早く取り組まなければならない」とし、欧州自動車への追加関税を選択肢に含めたうえで、11月の大統領選までに貿易協定を締結する考えを強調しました。いったん休戦を迎えつつある米中の貿易戦争に加えて、欧州もこの争いに加わる可能性は考慮しておきましょう。
 
なお、1月末はアメリカでは「税金の還付」が需要の押し上げ要因になります。
2019年は日本円換算で30兆円規模の還付金が個人に給付されたとされており、今年も同様の還付金が給付されれば、個人消費の活性化が意識されて株価に好材料となるでしょう。
 
 
28日  0:00 新築住宅販売件数
28日 22:30 耐久財受注
29日  0:00 消費者信頼感指数
30日  0:00 中古住宅販売件数
30日  4:00 FOMC
30日 22:30 実質GDP
30日 22:30 新規失業保険申請件数
31日 22:30 雇用コスト指数・PCEデフレーター
 
 
◇米国企業決算(一部抜粋)
28日:アップル、AMD、スリーエム、ファイザー
29日:ボーイング、マイクロソフト、テスラ
30日:アマゾン、コカ・コーラ、アムジェン
31日:シェブロン、エクソン、キャタピラー

日本市場

新型肺炎の拡大が懸念されたことで、日経平均株価寄り付きで大きく下落し、一時下げ幅が500円を超えるなど、リスク回避ムードが高まっています。
 
 
先週21日、日本銀行金融政策決定会合で金融政策の現状維持を決定しました。
なお、同時に発表された展望レポートでは、政府の経済対策を踏まえ、19~21年度の実質国内総生産(GDP)の成長率見通しを軒並み上方修正しました。
しかし、…

~以降は会員限定サービスです~ Initial Members Club(イニシャルメンバーズクラブ)では、初めて投資を始める方にも安心して投資を始めてもらえるように、様々なサービスを提供しています。


※細心の注意を払い作成しておりますが、内容の正確性、及び安全性を保障するものではありません。 ※本サービスは、投資知識の学習の為の参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄について、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。 ※本サービスが利用者の自己責任のもと利用されるものであることに鑑み、発生したいかなる損害においても、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

Initial Members Club

関連する記事

もっと投資について学びたい方は…