これから資産形成を始める人向けの
投資情報サイト

相場概況

今週の相場概況:7月20日〜22日

相場の分析においては、「どのような要因でどのように動いていたのか」を振り返り、分析することで、「この後どのように動くのか」の参考材料にすることができます。

今週の相場概況と、現在重要とされる相場材料をお送りします^^

 

7月20日(月) 日本市場

NK225 22717.48(+21.06)+0.09%
TOPIX 1577.03(+3.18) +0.20%

  • 終日膠着間の強い値動きに
  • 財務省が発表した貿易統計では2688億円の赤字
  • 中国人民銀行(中央銀行)は事実上の政策金利を据え置き
  • ※前場終了時のTOPIXは前日比-0.32%でしたが、日銀のETF買い入れが発動

7月20日(月) NY市場

NYダウ 26680.87(+8.92) +0.03%
ナスダック 10767.09 (+263.90) +2.51%
S&P500 3251.84(+27.11) +0.84%

  • ハイテク株を中心に買いが入り、ナスダックやSOX指数が史上最高値更新
  • 各社から新型肺炎のワクチンについて好結果が得られたと相つぐ
  • 金の上昇傾向続く

7月21日(火) 日本市場

NK225 22884.22(+166.74)+0.73%
TOPIX 1582.74(+5.71) +0.36%

  • EU首脳会議でコロナ復興基金案で合意
  • 昨日のNY市場の動きをうけ、ハイテク株が上昇
  • 香港市場が大幅高

7月21日(火) 米国市場

NYダウ 26840.40(+159.53) +0.60%
ナスダック 10680.36 (-86.73) -0.81%
S&P500 3257.30(+5.46) +0.17%

  • 米国で1兆ドル規模の追加経済対策の議論が開始
    ↑マコルネ上院院内総務が来週までに成立するとは思わないと発言
  • NY金が約9年ぶりの高値
  • 景気敏感株が買われる一方、ハイテク株が利確売りにおされる

7月22日(水) 日本市場

NK225 22751.61(-132.61)-0.58%
TOPIX 1572.96(-9.78)-0.62%

  • 4連休を前に手控え
  • 国内で金の小売価格が初めて7000円を超える
  • 5月毎月勤労統計調査で名目賃金や所定外給与、実質賃金などが軒並み下方修正

 

現在の相場材料

  • 世界各国での経済活動再開後の新型肺炎再拡大懸念
  • 新型肺炎のワクチン開発状況、その認可や流通経路
  • 日銀のETF買い入れによる株価下支え
  • 米中対立構造の激化
  • アメリカの1兆ドル規模の経済対策
  • 安倍内閣支持率低下
  • 世界各国政府の大型財政出動
  • EU欧州委員会が基金創設案合意
  • 主要国中央銀行の金融緩和姿勢
  • 米国大統領選の関連
  • 金価格が連日上昇
  • 日経平均2020年間高値:24115.95(1月17日)
  • 日経平均2020年間安値:16358.19(3月19日)
  • 7月SQ値:22601.81

◇免責事項

※細心の注意を払い作成しておりますが、内容の正確性、及び安全性を保障するものではありません。
※本サービスは、投資知識の学習の為の参考となる情報の提供を目的としたもので、
特定の銘柄について、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。
※本サービスが利用者の自己責任のもと利用されるものであることに鑑み、発生したいかなる損害においても、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。
発行:株式会社トリエント

東京都渋谷区渋谷2-10−15 NV1ビル2F

Copyright 2020 Initial Members Club. All rights reserved.

コインチェック 楽天証券

関連する記事

もっと投資について学びたい方は…